パイロットと結婚したい!結婚するには?について解説。婚活方法・年収・結婚生活など。

結婚したい人のためのコンテンツ

パイロットの職業と年収、勤務形態について

パイロットの職業

航空会社に勤務するエアラインパイロットの仕事は、旅客機を操縦して目的地まで安全に「人」と「貨物」を運ぶことです。

「華やかで高収入」なイメージのあるパイロットは確かに年収は高いのですが、パイロットになってパイロットとして勤務できるようになるまでの道は大変なものであるといわれています。

副操縦士で平均5年、機長には平均15年の経験が必要とされており、さらに6次の試験にパスしなければならないという狭き門です。並みの努力でなれる職業ではありません。

パイロットは最低半年に1回、航空身体検査という名の身体検査を受けなければいけません。

これにおいて定められた基準を超えないと、パイロットを続けられません。ゆえに、常に健康を意識し、自然と「節制」をする人が多いようです。

なお、パイロットの仕事では、その場の状況に応じて複数の機器を動かすなど、一度にいくつものことを同時進行で行うことが必要とされているため、マルチタスク型の人が適しています。

パイロットは高い操縦技術だけでなく、行動力や判断力、協調性など、しっかりとした人間性であることが求められる職業です。

平均年収:1,198万円

大手航空会社JAL、ANAのパイロットの年収は2,000万弱ほどといわれており、一般的には勤続年数とともに給料が上がるため、大手であれば機長になれば2,000万円を超える人も多くいます。

しかし新規参入の航空会社などでは、平均年収が800万円程度というケースもあり、各社間で給与の差が開いているようです。

勤務形態

パイロットの勤務時間は担当する路線によって異なります。国内線ではだいたい朝6時ごろから22時ごろまでフライトがあり、このうち1日に3便ほど乗務するパターンが多いようです。

必然的に勤務時間は不規則になります。

休日は月に10日程。しかし、フライトは年中無休。休みは土日に必ずとれるわけではありません。

国際線の場合、夜遅くに出発する便もあるため、国内線よりさらに不規則になります。

国際線のパイロットは日本にいるのが月に10日ということも珍しくないようです。

パイロットの関連画像2

パイロットと結婚するメリットな特徴

  • 高収入で安定
  • イメージが良い
  • 自社エアラインの優待チケットなど福利厚生が充実している

パイロットは高収入ですので経済的に安定しています。また、「花形エリートの代表」とも言える職業ですので、周りから一目置かれることもしばしばあります。

また、勤務先の航空会社によりますが、家族が利用できる自社エアラインの優待チケットや、全国各地の保養施設など福利厚生が充実しています。

パイロットの関連画像3

パイロットと結婚するデメリットな特徴

  • 家を不在にしがち
  • 半年ごとの「航空身体検査」で基準以下だと地上職の平均的な給料となる
  • 夫がパイロットということで嫉妬される場合もある

パイロットの勤務時間は不規則で家を不在にしがちです。国際線のパイロットともなるとほぼ家にいない状態もあるため、子供の誕生日など記念日を祝えないこともあります。

また、半年ごとに行われる「航空身体検査」で定められた基準に達しない場合は地上職となり給料も大幅に変わることから、常日頃から健康面、精神面で夫を支える必要があります。

パイロットは女性に人気の職業であるため、「夫がパイロット」というだけで主婦仲間や学生時代の友達から嫉妬されてしまう場合もあります。

パイロットの関連画像4

パイロットと結婚するとどういう生活が待っているか?(まとめ記事)

パイロットは高収入ですので、経済的に困ることはあまりありません。

仕事は不規則で家を不在にしがちなため、家事・育児はほぼ妻が取り仕切ることになりがちです。

国際線のパイロットでは、日本にいるのが月に10日前後という人も少なくありません。

夫婦の記念日や子供の誕生日などを大事にしたくとも一緒に祝えないことも多くあります。

夫が不在の間は、家事・育児をしつつ自分の時間も楽しめます。ですが、「パイロットの妻」に独特なイメージを持っている人も多く、何もしていなくても「夫の不在時に遊び歩いている」と思われることもあるようです。

夫から安心して家を任せられるようになるためには、ある程度の節操は持っていた方が良さそうです。

パイロットの関連画像5

パイロットは、勤務先の航空会社によりますが、家族も利用できる自社エアラインの優待チケットや、全国各地の保養施設など福利厚生が充実しているようです。

上手に利用すれば割安で旅行が楽めるかもしれません。

国際線のパイロットは長時間のフライト後に現地ステイをすることもあるので、外国慣れしています。家族で外国に行く機会があれば、夫として父として頼もしく感じるようです。

なお、パイロットは不規則な勤務で、仕事では神経をすり減らす面も多々あり身体への負担は大きいです。

半年に1度の「航空身体検査」で一定の基準をクリアしないとフライトできなくなる、というプレッシャーも常にあります。

地上職に変更するとパイロット職よりかなり給料が下がることにもなるので、健康管理には十分気を使います。栄養バランスの取れた食事を色々考えたり、いつでもすぐ快適に眠れるように整えるなど、妻のサポートは必要です。

休日は夫の身体を休めることを優先して、家族との時間は後回しとなる場合もあります。

夫の健康を常に気遣い、夫の不在時にしっかりと家を守れるよう自立している女性であれば、夫婦円満に暮らせそうです。

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました