外国人と結婚したい!結婚するには?について解説。婚活方法・年収・結婚生活など。

外国人と結婚すると文化の違いとかで苦労するかなぁ… 結婚したい人のためのコンテンツ

外国人と結婚すると…職業詳細と結婚生活シュミレーション!

外国人の職業

外国人の関連画像1

急激なグローバル化に伴い、日本で働く外国人も年々増えています。

経済的な理由から日本に出稼ぎに来ている人や、日本の大学に進学し、そのまま日本企業へ就職した人、日本という国に魅せられて、どうしても日本で暮らしたいとやって来た人など様々です。

グローバル化が進む日本ですが、まだまだ外国人の就労には制限があり、皆が自由に職を選ぶことは難しい状態です。

それでもここで働きたいと思うのは「日本が好き」という外国人の気持ちが大きいようです。

外国人には、日本の古い伝統とアニメなどのサブカルチャーが融合した独特の文化などが魅力的に映るようで、彼らの「日本人」に対するイメージもポジティブなものが多く見られます。

日本人の礼儀正しさや相手を思いやる気持ち、勤勉さを純粋に賞賛してくれ、彼らと交流するとあらためて日本の良さに気付かされます。

また、欧米人男性は、日本人女性に「黒い瞳と髪のエキゾチックな外見」「華奢な体型」「メイクやファッションに手を抜かず美意識が高い」「でしゃばり過ぎず協調性がある」という印象を持っており魅力を感じるそうです。

なお、今後は積極的に優秀な外国人を自社で雇用したいと希望する日本企業が増える傾向にあり、現在より外国人の就労スタイルは変わるかもしれません。

日本で働いてくれる外国人がより増えることで、国際結婚の件数も増加していくと考えられます。

平均年収:職業によります

外国人の年収は当然職業により異なります。

なお、小・中学校、高校の英語授業のアシスタントをするAssistant Language Teacher(ALT)は年間360万円が支払われますが、一般的な英会話教室の講師では、収入はそれほど見込めません。

外国人の就労が制限されている現状では、日本で暮らす際は日本人女性がメインで稼ぐ必要があります。

勤務形態:職種により異なります。

職種や勤め先の規定で勤務形態は変わります。

外国人の関連画像2

外国人と結婚するメリットな特徴

  • 喧嘩をしても「文化が違うから」で許せることも多々ある
  • 特に何もしなくても子どもがバイリンガルに
  • 義実家に帰省するのが海外旅行気分を味わえる。

育ってきた価値観も環境もあまりにも違い過ぎるため、日本人同士の夫婦であれば喧嘩に発展するよう事も、国際カップルの場合ならば大問題とはならない場合もあります。

また、子供ができた場合は自然に二か国語は話せるようになります。多くのケースで、母親と父親の母国語であれば、特別な努力をすることなしにネイティブ並みの語学力が身につくことが多いです。

たいていの場合はどちらかの国に住むことになるため、相手の国への帰省は海外旅行のような一大イベントになります。子供にとっても良い体験になります。

外国人の関連画像3

外国人と結婚するデメリットな特徴

  • ビザ更新など様々な手続きが面倒。
  • 帰省費用がかさむ
  • 母国の家族に何かあってもすぐには駆けつけられない。
  • 言葉の壁によるストレスを感じることも。

国際結婚の場合は、日本の役所と相手国(在日大使館・領事館)の双方で手続きを行う必要があり面倒です。

相手の国への帰省費用は家計には痛い出費となります。

また、自分の親や兄弟に何かあってもすぐに駆けつけることはできません。

言葉が違うことで微妙なニュアンスが伝わらず、ストレスを感じることもあります。

外国人の関連画像4

外国人と結婚するとどういう生活が待っているか?(まとめ記事)

外国人と結婚した場合、日本で一緒に暮らす、もしくは相手の母国で一緒に暮らすようになるのが一般的です。

日本では外国人の職業選択に制限があるので、あまり収入を得られないケースも多々あります。

そのため、日本で外国人の夫と暮らす場合、妻が働いて主に家計を支えるというスタイルになりがちです。

夫があまり日本語が堪能でない場合、日本で暮らすことや日本人の気質に戸惑うことも多いはずです。

妻としては夫が孤立しないようにサポートする必要もあります。

夫の国で一緒に暮らす場合は、文化や習慣が全く日本とは異なるので慣れるまで苦労はします。

言葉の壁も大きいですが、積極的に夫の家族や友達と関わりその国に馴染む努力が必要です。

外国人の関連画像5

欧米の男性は育児に協力的な人が多く、その点では妻の負担は減りそうです。

子供が小さいうちなど、極力双方の親に孫を見せてあげたいところですが、相手の国への帰省には費用がかさみます。

経済的には大変ですが、子供にとっては海外旅行のようなもので、違う国の祖父、祖母たちの生活に触れることは、とても良い経験になるそうです。

なお、毎日普通に生活するだけで、2人の子供はバイリンガルになる確率が高く、将来その子供の住む国や職業の選択の幅は広がります。

国際結婚では、どちらの国に住むにせよどちらかが「外国人」となるため、保守的な人が多い所では「外国人」というだけで特別な目で見られることもあります。

移住した方には何かとストレスの多く、苦労もありますがそれでも一緒にいたいと思える伴侶がいることは幸せです。

外国人と結婚すると乗り越える困難が多い分、上手くいっている夫婦は、本当に絆が強いです。違う国の考え方を受け入れることで、自分の世界が広がり人間味も豊かになります。

外国人との結婚を経験し、「以前は悩んでいたことが気にならなくなった」と良い変化を感じる人も多いようです。

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました