実業家と結婚したい!結婚するには?について解説。婚活方法・年収・結婚生活など。

実業家って逞しくて素敵だけど、結婚すると浮き沈みとかで苦労するのかなぁ… 結婚したい人のためのコンテンツ

実業家の職業と年収、勤務形態について

実業家について

実業家は、生産・流通・販売などの過程における事業を行う人物です。

事業を行い、成功し続けることは並大抵の知識や努力ではできません。実業家は現在だけでなく未来にも目を向けており、どのようになっていたいのかという目的に向けて粘り強く努力し続けるバイタリティ溢れる人です。

実業家に見られる特性としては、以下があげられます。

  • リスクを取る行動を恐れない
  • 粘り強い
  • 適合力がある
  • 好奇心を持っている
  • 何かを作り上げることへの意欲が高い

実業家の関連画像1

自分の事業を行うことはリスクそのものですが、成功するには恐れずに行動し、粘り強く仕事を押し進る必要があります。経済には波があるため、環境に適合できる能力も不可欠です。

好奇心は多くの実業家がかなりの割合で持っている特徴で、これが成功をもたらす助けになっているようです。

1からビジネスや製品を作り上げることを生き甲斐とする実業家もおり、あらゆることにチャレンジ精神旺盛です。

実業家という人は行動力や決断力が高く、鋭いイメージがありますが、それだけでは長期的に人がついてきません。長く事業を成功させるには、人間性も重要です。

実際に成功している実業家は、色んな人の話をよく聞き、人間味溢れる性格の人も多いようです。

実業家が成功するには、ビジネスセンスだけでなく、人間的な魅力も必要なのかもしれません。

平均年収:未知数

実業家の収入は実力と直結しています。全く稼げないこともあれば、数億円に届くこともあります。

なお、起業したばかりの頃は、収益を上げられないこともあります。

勤務形態

実業家の勤務形態は様々です。決まった勤務時間を設けている方もいれば、不規則な方もいます。

事業を立ち上げ直後は、睡眠時間も削るほど仕事に打ち込むこともありますが、経営が軌道に乗った後は1日数時間の業務で終わることもあるようです。

実業家の関連画像2

実業家と結婚するメリットな特徴

  • 実力次第でかなりの収入が得られる
  • 時間が自由に使える
  • 定年がなくいつまでも働ける
  • ステータスが得られる

実業家の収入は実力次第のため、成功すれば数千万や数億円を稼ぐこともあります。

いつ、どのように働くかスケジュールは自分で組むことができ、自由に時間が作りやすいです。

自分で事業をしているので定年はなく、いつまでも働けることも魅力です。

また、成功している実業家の妻という立場は周りから一目置かれることもあるかもしれません。

実業家の関連画像3

実業家と結婚するデメリットな特徴

  • 事業に失敗すると多額の借金を負う恐れがある
  • 実力により稼げない状況も発生する
  • 会社が持つ社会的信用が使えない
  • 退職金などはもらえない可能性がある

事業に失敗し、借金を負うリスクは常につきまといます。実力により稼げず生活ができない場合も考えられます。

また、会社勤めであれば得られる社会的信用が使えなくなり、ローンが組めない、クレジットカードを作れない、などということも起こりえます。

なお、自分で積み立てをしない限りは退職金はありません。

実業家の関連画像4

実業家と結婚するとどういう生活が待っているか?(まとめ記事)

実業家は自分で事業を興して仕事をしていますから、基本的にいつどこで仕事をするか、いつ休むかは自由に組めます。

四六時中働き続けている方もいますが、ほとんどの実業家は比較的自由にしており、平日の昼間でも夫婦2人で出かけることも気軽にできそうです。
(もちろん起業したての頃などは寝る間も惜しんで働くので、事業が軌道に乗るまでは妻としてのサポートは必要になりそうです。)

自由度の高い仕事をしているため、本人にその気さえあれば、家事・育児はある程度分担できるかもしれません。自ら事業を興す男性は考え方が先進的で、家庭においても男女平等という意識が高い人も多くいます。

事業が成功していれば経済的にも余裕があるため、時間もお金も自由に使うことができ、周囲からは羨ましがられることもしばしばありそうです。

しかし、当然のことながら、実業家の生活は不安定です。事業が成功すれば数億円稼ぐことも可能ですが、失敗すれば多額の借金を背負う恐れもあります。

実業家の妻には、この常にあるリスクを理解している必要があります。

実業家の関連画像5

また、収入は実力次第ですので、全く稼げない場合も考えられます。特に事業を立ち上げたばかりの頃は数ヶ月収入がない、ということもあります。

そのよう場合は、妻が働いて家計を支える必要もあります。

なお、事業が軌道に乗れば、実業家は定年なく働き続けられるので、老後の心配は少なくなります。

実業家は比較的社会的信用が低く、住宅ローンを組むのに苦労することや、場合によってはクレジットカードも作れないことで知られています。

会社員から独立して起業する人は、会社員であるうちにローンのことなど考えて計画的に動くと良いそうです。

このように実業家というものは、他の職業に比べてメリットもデメリットも大きいものです。

妻も自分の仕事を持ち自立している方が、いざという時にでも夫を支えられて良いかもしれません。

実業家にリスクはつきものですが、「何があってもこの人とやっていこう」と思えるほど夫を信頼していれば、不安定であっても生活を楽しめます。

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました