警察官と結婚したい!結婚するには?について解説。婚活方法・年収・結婚生活など。

警察官の関連画像1 結婚したい人のためのコンテンツ

警察官の職業と年収、勤務形態について

警察官の職業

警察組織は国の行政機関である「警察庁」と、各都道府県が管理する「都道府県警察」の2つに分けられます。

都道府県警察はその地域で発生した事件を担当しており、「地域警察部門」「生活安全部門」「刑事警察部門」「交通部門」など様々な部門が設けられております。

警察の仕事内容は幅が広いため、多くの部門がありますが、どのような仕事に携わっている警察官も皆、常日頃から「事故や事件を未然に防ぐ」という目的を持っており、正義感が強いです。

また、警察官には自分勝手な行動は絶対に許されないため、協調性を持って行動することが求められます。

警察官は、事件によっては自らが危険な目に遭う可能性もあります。気力と体力どちらも必要となる仕事です。

そのため、どんな状況でも対応できる強靭な心と身体つくるために日頃から訓練をしている人も多いようです。

警察官の関連画像1

平均年収:813万円

警察官の年収は公務員の平均年収より高めです。

警察官の給与の等級は9級に区分されており、その等級で月のお給料が変わるようです。階級や年齢とともに給料は上がっていくため、安定しています。

勤務形態

警察官の勤務形態は主に「交替勤務制」と「毎日勤務制」の2通りあります。

交替勤務制では24時間3交替制勤務という形が一般的で、日によって勤務時間が異なります。

毎日勤務制はデスクワークの警察官が働いているスタイルです。

月曜から金曜まで毎日朝8時半~17時15分まで、などと規則的であり、土日・祝は休みの模様です。

刑事の場合は勤務時間など関係なく、夜間や休日にも呼び出される場合もあります。

警察官の関連画像2

警察官と結婚するメリットな特徴

  • 経済的に安定している
  • トラブルが起こった際頼りになる
  • 社会的な信用度が高い
  • 男性として逞しい

警察官の年収は高く、安定しています。

また、何かトラブルが起こった際、夫が警察官であれば心強いものがあります。

警察官に採用される際に厳しく身元調査されますので、警察官というだけで身元が保証されています。

そのため、社会的な信用度がかなり高いです。

日頃から体を鍛えている警察官も多く、男性として逞しく魅力的です。

警察官の関連画像3

警察官と結婚するデメリットな特徴

  • 事件が起こると家を不在にしがち
  • 休日でも呼び出されることもしばしばある
  • 仕事に危険がつきまとう
  • プライベートの外出が制限される
  • 堅いイメージから敬遠されることもある

事件が起こると長期間家を空けることもあります。

警察官の仕事には危険がつきまとうので、心配なところも多いです。

また、警察官という職業は緊急招集があるため、休日に自分の管轄外に出かける時は外出届けが必要です。

海外旅行などは全スケジュールや同行者、宿泊先なども報告して上司に承認をもらいます。

せっかく予定を立てても、旅行前に事件が起きるとキャンセルしなければならいこともあります。

警察官の関連画像4

警察官と結婚するとどういう生活が待っているか?(まとめ記事)

警察官は、どのような仕事に関わるかにより勤務のスタイルが大きく異なってきます。

警察署で事務担当の場合、基本的には平日朝~夕方までの勤務、刑事であればひとたび犯罪が起こると、何日も帰れなくなることもあります。

事件が長引けば1ヶ月も休みがないという場合もあります。

勤務時間も勤務スタイルも変則的な警察官は、旅行の予定などは立てにくいようです。

せっかく旅行計画を立てても、事件が起きることでキャンセルとなる場合もあり妻としては我慢するところも多いようです。

それでもそのことについて誰よりも理解を示さなければ警察官の妻というポジションは務まりません。

地方公務員の警察官は、同じ都道府県内での転勤が数年ごとにあります。

そのため女性は結婚と同時に仕事を辞めるか、夫の転勤により通勤が難しくなると退職するという形になるようです。

警察官の関連画像5

国家公務員の警察官は全国規模で転勤があり、しかも昇進するほど転勤の回数は増えます。

この場合、その土地に慣れた頃にまた引越しということになり、子供も転校させねばならず苦労することもあります。子供がある程度大きくなったら、夫は単身赴任とするケースが多いようです。

なお、警察官は保秘の為に職場外の人との付き合いがあまり出来ず、激務でストレスも多い分、内部での結束は固いです。

そのせいか警察では内部でのイベントが多いです。

定期的にある異動による歓送迎会、事件解決の打ち上げなど、その他もろもろ行事があり、勤務時間外もイベントをはしごすることもあるようです。

家族と過ごす時間が削られますが、警察官は飲み会やお付き合いも仕事のうちだと考えた方が良さそうです。

警察官は特殊な職業で市民の生活には欠かせない存在です。警察官自身も自分たちが社会にとって必要不可欠であると自覚しており、正義感をもって行動しています。

警察官と結婚した以上、妻としても夫の立場が悪くなうような振る舞いは避けなければなりません。警察官の妻という自覚は必要となります。

それでも、普段は普通の夫婦と変わりはないので、夫の健康を気遣い、仕事には快く送り出すことを心掛ければ十分夫を支えていけます。

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました