公務員と結婚したい!結婚するには?について解説。婚活方法・年収・結婚生活など。

やっぱ、安定してる公務員だよね~♪ 結婚したい人のためのコンテンツ

公務員の職業と年収、勤務形態について

公務員の職業

公務員関連画像1

公務員には、中央官庁などに勤める「国家公務員」と地方自治体によって雇われている「地方公務員」とあります。

さらに分類すると、国家系・地方系・法律系・経済系・公安系・教育系・その他の公務員に分けられ、仕事内容は本当に様々です。

中央官庁においては深夜から朝方まで勤務することもよくある程の激務ですが、地方公務員・出先機関勤めに関しては残業は少ないので、民間企業と比べても比較的業務は楽といわれています。

一昔前は公務員は給料が低いイメージがあり、敬遠される職業でしたが、最近は安定性と充実した福利厚生から人気職となりました。

公務員には特殊な部署を除き、営業やノルマがなく民間よりのんびりした人が多いイメージもありますが、公務員になってからも、配属先の業務に必要な法令については勉強し続ける必要があるため、勤勉な人であるといえます。

公務員は収入面で安定していますが、職種によってはハイステータス民間企業より収入は少ないです。

そのため、堅実な経済感覚の人が多くみられます。

また、公務員は特に真面目な気質を持った人たちがいる傾向にあります。

仕事面では、公務員の場合は決められた仕事を確実にこなすことが重視されるので、謙虚に仕事に打ち込む人に向いている職業です。

平均年収:年収300万円から600万円未満

公務員の仕事内容は多岐にわたり、それぞれで年収は異なります。

しかしながら、公務員であれば長年働くことでそれなりの役職にもつき、収入は安定します。

勤務形態

仕事内容により勤務形態は変わりますが、公務員の一般的なケースでは休日はカレンダーどおり、勤務時間は9時から17時というのが多くあるようです。

ただし、選挙などのイベント時には休日出勤する場合もあります。

公務員関連画像2

公務員と結婚するメリットな特徴

  • 収入は安定しており、解雇はない
  • 職種によるが、家族との時間をとりやすい
  • 福利厚生が手厚い。

公務員の収入は、民間企業のように業績に左右されることはなく安定しています。

また、通常は解雇などされないため、リストラの心配をすることもありません。

公務員は労働時間が週40時間というのが原則があるため、民間企業と比べ残業が少なく、休暇制度も充実しています。

年次有給休暇だけでなく配偶者や家族が出産サポートできるための休暇制度もあり、家族との時間を持ちやすいようです。

その他、財形貯蓄制度や低利融資による貸付制度もあり、家計の負担を抑えられるのも魅力的です。

公務員関連画像3

公務員と結婚するデメリットな特徴

  • 職種によっては給料が低い
  • 職種により転勤がある
  • 「夫が公務員」というだけで周りから妬まれることもある

公務員は職種によってはハイステータスな民間企業より収入は低いため、共働きが必要になるかもしれません。

職種により数年ごとに転勤する場合もあり、生活に慣れた頃に新しい土地への引越しなど様々なストレスを感じる恐れもあります。

子供がいて転校が必要な際は苦労する場合もあります。

また、公務員というだけで、「楽をしている」「給料泥棒」などとイメージを持っている人もおり、嫉妬の対象となることも考えられます。

都庁

公務員と結婚するとどういう生活が待っているか?(まとめ記事)

公務員の魅力は何といっても安定した収入と解雇の不安がないことです。

民間企業のように業績により給料が変動することはないので、比較的安泰した暮らしができます。

ただ、職種によっては民間企業より収入が低いことは十分にあります。

比較的収入の低い職種では、子供の進学やマイホームを考えるなら共働きは必要になります。

公務員には特別休暇制度が設けられており、子供が急病の時に休むことが可能です。

夫が公務員であれば、育児を分担しやすい面があり、共働きでも妻の負担が軽減されるかもしれません。
(職種や部署、季節により休暇をとりにくい場合もありますが、民間企業勤めと比べると格段に休暇制度が充実しています。)

なお、収入の高い職種の公務員は、仕事が激務です。仕事の都合で家を不在にすることもあり、家事・育児の分担は期待できません。

愛知県庁

この場合は専業主婦になり夫を支えるスタイルが多くなるようです。

国家公務員は数年おきに全国規模で転勤する可能性があり、生活に慣れた頃に新しい土地への引越しを、ということもあります。

子供がいる場合は転校させねばならず、新しい学校に馴染めるまでは苦労するかもしれません。

子供がある程度大きくなった時に転勤する際は、単身赴任とするか、一家で引っ越すかは、夫婦でよく話し合う必要があります。

また、公務員の職種には転勤は伴うが、収入はそれほど高くない職業もあります。

このケースで共働きをする場合は、妻はパートタイマーとして働くことが一般的ですが、数年ごとに仕事を辞め、新しい土地での職探しにストレスを感じる方も多いようです。

最近は、夫の転勤に対応できるよう、在宅でできる仕事をする妻も増えているようです。

公務員と一括りに言っても、職種によって待遇や年収は全く異なり、それぞれ嬉しいことと、苦労することはあります。

どのような生活パターンになるにしても「安定」していることに違いはありませんので、夫婦で協力し合い堅実に生活すれば、将来の不安は少なくてすみそうです。

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました