弁護士と結婚したい!結婚するには?について解説。婚活方法・年収・結婚生活など。

何が何でも弁護士と結婚したいです!!! 結婚したい人のためのコンテンツ

弁護士の職業と年収、勤務形態について

弁護士の職業

弁護士の関連画像1

弁護士の仕事は法律の専門家として、依頼人の法律上の権利や利益を守ることです。

相続問題や交通事故の慰謝料といった身近な問題から、国際犯罪や知的所有権の侵害まで依頼人の様々な相談にのります。

一般的には、人と人や法人間のトラブルを対象とする「民事事件」をメインに対応している弁護士が多く、刑法上の犯罪が対象となる「刑事事件」を扱うことは比較的少ないです。

専門職ですので、受け持ちの案件を自分の裁量で進めることが多く、その成果が直接個人の評価として現れやすいです。

そのため、難しいけれどもやりがいがあります。

弁護士には正義感が大切ですが、熱血タイプよりも理論派に向いている仕事です。

話を聞き出すことが上手く、物事を客観的かつ柔軟に受け止めるバランス感覚も重要です。

また、弁護士には多くの情報をコツコツ整理できる根気の強い方が多いようです。

平均年収:1,000万円~ 1,500万円

弁護士の年収は、30代までは右肩上がりで年収が増加していく傾向にあるようです。

なお、一部には400万以下の年収となっている弁護士も存在しますが、やはり多くの弁護士は非常に高い年収を得ている模様です。

勤務形態

働き方は、弁護士事務所に勤務する、独立開業する、企業内弁護士として企業に属するなど様々のスタイルが選べます。

事務所に所属する場合は、厳密な出勤時間が決められてないことも多いようです。

しかし、客商売であるため、場合によっては休日返上となることもあります。

上手く調整すれば長期休暇も可能ですが、多くの仕事を平行して行うことが多いため、基本的に多忙です。

弁護士の関連画像2

弁護士と結婚するメリットな特徴>

  • 経済的に安定している
  • 新居や保険など契約する際、規約に不備があれば弁護士として対応してもらえる
  • 私的なトラブルにも対応してもらえる
  • 社会的地位が高い

多くの弁護士は高収入であるため、経済的に安定しています。

日常生活における新居や保険などの契約ごともプロの目から不備がないか確認してもらえて安心です。

また、何かトラブルに巻き込まれても対応してもらえるので、大変心強いです。

「弁護士」という職業で、どこにいってもそれなりの人物とみられることもあります。

弁護士の関連画像3

弁護士と結婚するデメリットな特徴

  • 案件により逆恨みされることもある
  • 多忙のため家族との時間が取りにくい
  • 所属している弁護士会の交流会など、飲み会が多い
  • 知人程度の人からも相談ごとを持ち込まれる

やはり基本的には紛争・もめごとに関わるお仕事のため、案件によっては逆恨みされる恐れもあります。

何より仕事が多忙なため、家族と過ごす時間は少なくなる傾向にあるようです。

家事、育児の協力はあまり望めないかもしれません。

また、所属している弁護士会の交流会や、他弁護士のお祝いごとなど、飲み会は多いため、ある程度の出費は覚悟が必要かもしれません。

「夫が弁護士」ということで、様々な人から相談事を持ち込まれ、少々面倒な思いをすることもあります。

弁護士の関連画像4

弁護士と結婚するとどういう生活が待っているか?(まとめ記事)

多くの弁護士は非常に高い年収を得ており、安定しています。

仕事は基本的に多忙であるため、家事・育児の協力はあまり望めないかもしれません。

家のことは妻がほぼ引き受けることになりがちです。そのため、多忙な弁護士の妻は専業主婦率がやはり高いようです。

育児に関しては、日頃は忙しく子供と接する時間は少なめですが、自由業ですので、調整次第では長期休暇を取ることもできます。夫次第で家族旅行などの楽しい思い出は作れそうです。

また、夫が弁護士なら、頼りになることが多いです。日常生活では新居の購入や保険の見直しなど契約事の際に、規約の内容を全て確認し不備があれば相手方に伝えてもらえます。手続きで悩むストレスはありません。

滅多にないことですが、私的なトラブルに遭っても「夫」と「弁護士」という立場で対応してもらえるので心強いです。

「弁護士」という肩書きは社会的に信頼されており、どこにいってもそれなりの人と見なされます。

周りから良い印象を持たれることが多い反面、堅いイメージから敬遠される場合もあるようです。

良くも悪くも「弁護士の妻」として見られます。

弁護士の関連画像5

弁護士の収入は困っている人からの相談料で成り立っているので、そのお金で妻があまりに派手にしていると、夫の社会評価に影響する恐れがあります。

ブランド品を身に付けるにしても上品なものを選んだ方がイメージは良いようです。

「夫が弁護士」となると、友達や、顔見知り程度の人からも相談事を持ち込まれる場合もあるようです。

力になれないものは波風を立てず上手に断る術も必要になります。

なお、弁護士は仕事上、紛争・もめごとに関わることになるため、携わった案件によっては当事者から逆恨みされる恐れもあります。

可能性の話ではありますが、妻としてはある程度の覚悟はいるかもしれません。

弁護士には、所属している弁護士会の交流やその他様々な付き合いがあります。

お付き合いの出費でかなりの額になることもあるようですが、それも仕事のうち、ぐらいに考えて受け入れた方が良いようです。

弁護士には定年はなく、本人の判断でいつまででも働くことはできますが、体を壊した場合、突然収入が途絶えるリスクもあります。

日頃から夫の健康管理に気をつけてサポートをしていれば、仲良く安泰に暮らせそうです。

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました