ほっといてください!と言われた!ほっといてほしい男性の心理と対応策!女性はどう接するべき?

もうほっといて… 恋愛スキル関連コンテンツ

気になる男性、意中の男性へのアプローチの期間中に、「ほっといてください!」、「ほっといてほしい!」と言われると、戸惑いますし、今後どのように接したら良いかわからなくなりますよね…。

今回は、そんな女性のために、「ほっといてくれ!」、「ほっとてください!」と言う、ほっといてほしい男性の心理と、そういうことを言われた女性の対応策について解説します。

「ほっといてくれ!」、「ほっとてください!」と言う男性心理

ほっといてほしい!うざい!

あなたが相手のことをよく思っていたり、気になったりしているのでついつい構いたくなってしまうということなんですけれども、それが相手にとっては過剰であったりとか、特に用事がないというようなことが多かったりすると「ほっといてほしい!」という風になってしまいます。

あなたの気持ちと相手の気持ちの熱量が同じではない、かなり違うという場合にこういう事に陥りがちです。

ほっといて欲しいけどひとりはいや

構うのが難しいところでありますがこのようにほっといてほしいけど一人は嫌というパターンがあります。

相手の状況を逐一コツコツと情報収集しながら、ほどほどに構う頻度を抑え、時に離れ…など上手に駆け引きをする必要がある状態。

お願いだからほっといて!

相手がかなり切実に辛いと感じており、本当にほっといてほしいという状態。

1回引くしか手段がない状態。

一人になりたい

あなただけじゃなく、様々な人から構われ、関りがあり…疲れてしまってほっといてほしいという心理状態。

色々な人に色々言われ疲れた

疲れちゃってとにかくほっといてほしいという状態。

じっくり考えたい

色々な人から何か言われたり構われたりして、様々な情報が入ってきたり、お願い事をされたりすると自分で自分の考えがわからなくなったりするもの。

ちょっとゆっくり考えたい…そういう気持ちからほっといてくれというケースがあります。

周囲に流されず、自分の頭で冷静に考えたい。

これは全項目よりもより冷静なケース。とりあえず一回そういう風にちょっとそっとしておいてほしい。

建設的な行為なのだと落ち着いた口調で冷静にあなたにお願いしてくる場合があります。

「ほっといてくれ!」、「ほっとてください!」と言われた女性の対応策

いつまで、ほっといてよいのか?いつまで?期間は?

人・ケース・パターンによりますがほっといてほしいけど一人は嫌というようなニュアンスを感じられるのであれば、逐一その相手に対しての情報収集をしながらかまう頻度を適宜調節する必要があります。

お願いだからというようなレベルで「ほっといてほしい」と言われた場合は思い切って3~5日もしくはそれ以上期間を開けてみるのがベターと言えます。

相手にも、自分にもわかるレベルで「放っておく」を実践しないと、頼んだ側からすれば「頼んだのに、お願いを聞いてくれてない」となります。

ほっといてほしいと言われた場合、lineはどうすべきか?

ほっといてほしいという人に対して、LINEはどのようなやり取りをすれば良いのか?

ほっといてくれと言われてしまっているということはLINEに関しても同じようにウザいと思われる可能性が高いので現実と同じようにしばらくはほうっておく必要があるでしょう。

放置期間は、切実に頼まれた場合ではあれば、思い切って3~5日もしくはそれ以上期間を開ける…その後、LINEを送るとしたら、キチンとキャッチボールが成立するような、相手が返事を返しやすいようなLINEメッセージをサラッと、さわやかに送ってみるのが良いでしょう。

そして、相手の反応がイマイチならば…深追いすることなく、さわやかにLINEを終え、もう、1~2週間くらい期間を開けてみるのが良いでしょう。

しばらくほうっておく

劇的に効果がある場合とそのままフェードアウトというパターンと両方あるかもしれませんが人によっては「あれ!?どうしたんだろう!?」と気になり、そわそわしだして向こうからアプローチ・アクションをかけてくる場合があります。

ただし、ほうっておいてもらい、それですっきりしたと思われてしまう場合はそれで切れてしまいます。

切れてしまうのが怖いと言うのであればやはりお相手の様子を上手に情報収集しながら、かまうことを復活させるチャンスを待つのが良いでしょう。

周囲から情報収集しつつ、機会をうかがう

前述してますが、一番無難なスタンスはこれ。

相手に直接絡んでいくんのではなく、友人・知人など共通の知り合いを介して状況・心の移り変わりをチェックしながら再びコンタクトをとっても大丈夫なチャンスをうかがうと良いでしょう。

干渉し過ぎない・相手の隠し事を受け入れろ

自らが、おせっかい、知りたがりではないかを振り返ってみる必要があるでしょう。

ほっといてくれと言われてあなたは戸惑ってるかもしれません。

「私はいい人なのに、私は普通なのに…」とアナタは思っているかもしれませんが、客観的に分析してみると凄く、おせっかいだったり、過干渉だったりするケースがあります。

そのあたりを一度見直してみて、思い当たる節があるならそこは改善する必要があるかもしれませんし、やはり一定期間距離を置いた方が、あなた自身のマイナスな評価を落ち着かせることになります。

ある程度、自分が変わることができたと思えたら…少しづつ、改善した自分を知ってもらうよう少しづつ、自然に再コンタクトする機会を伺うようにすると良いでしょう。

自分が何とか出来ると思うな!

構いすぎるというのは自分の力で状況を良くしようとか、何かをしてあげようとか、そういう気持ちが強すぎるという状態とも言えます。

あなたの力で相手を何とかできると考え、ガツガツいきすぎるのが必ず最善の方法となるわけではありません。押すことが逆効果な場合もあることを自覚とよいでしょう。

特にほっといてくれと言われたということはそういうことでしょう。

意識を分散

どうしても過剰にかまってしまう!関わりたくなる!というのはその人に過剰に興味・関心・好意が入ってしまっているのでそれを分散させるために他の人と仲良くするなどして、意識・関心を分散させるというのは一つの手。

恋愛関係であれば婚活イベントに参加してみるとか、マッチングアプリを利用してみるなどして意識を分散させると相手に対して自然なアプローチが可能になります。

意識を分散させることは、引くところを適切に見極め、理想的な押し引きが出来る精神状態を作ることに貢献してくれます。

 

わいるどセミ
わいるどセミ

相手がどういうほっといてなのかを見極め、あなたが相手にとってどういう風なポジションに置かれている人間なのかをチェックし、周囲・知り合いから遠巻きに情報収集をしながらどれくらい放置するのか?どれくらいで、再コンタクトするのかを見極め、理想的な押し引き、駆け引きをすると良いでしょう。

そのためのメンタルを作る手段として、前述した、意識を分散させるというのは、非常に有効です。

 

ほっといてほしい男性の心理と対応策に関するQ&A

「ほっといて」という言葉の別の言い方、言い換えはありますか?

ほっておいてと言うとちょっと棘のある、角のある言い方になりますよね。

「ちょっとごめんなさい。」とか申し訳なさそうな顔辛そうな顔をしながら「そっとしておいて。」とか「しばらく時間をください。」などが「ほっておいて」の言い換え、別の言い方としては挙げられますね。

ほっといてと言われ、本当にほっといたら…怒られました。なぜ怒るのでしょうか?

ほっておいてと言われて、本当にほっておいて、相手が怒る…というケースは割と珍しくなく普通にあります。

ほっておいてほしいけど一人は嫌というような複雑な心理状態が実際に存在するからです。

ですから、「どういうほっておいてなのか?」を対象者の状況・周囲などから推測・予測し、どういう対応するかを決める必要があるでしょう。

「ほっといてほしい」家族の場合はどのように対応すべきですか?

家族の場合も基本的には同僚とか気になる異性とかと同じではあります。

特に家族の場合は関わり合いが強く、また絆が強いのでついつい深入りして構い過ぎてしまうということがあります。また、当人も自分の気持ちを素直にぶつけやすけケースが多く、「ほっておいてほしい」と、素直にぶつけてくる確率が、他人のそれと比べると高いと言えます。

他人と家族では、そのような側面・違いがあるということを認識しつつ、自分の中で心にゆとりを持ち、自分自身が熱くならず、適度に距離を取りながら良い意味で他人行儀に、「親しき中にも礼儀あり」の精神で接する心構えが必要になります。

職場で「ほっといてほしい」という同僚がいます。

職場で、お節介に干渉してくる人いますよね…。いちいち自分のやってることを監視してあーでもない、こーでもないと言ってくるとほっといてほしいというふうに思ってしまいますよね。

この件に関しては筆者自身がほっておいてほしいと思うことが多いので「ほっといてほしい」と言う側として書かせて頂きますが、やはりこういうこのケースに関しては大体の場合が、おせっかいであったり、ズカズカと他人に浸食してほしくない領域にまで入り込んでくるというようなことがあり、それに対して「ほおっておいてほしい」そういう風に思ってしまうということがあります。

相手は自分と違うし自分も相手と違うということを認識し、「良かれと思ってしているアドバイスが相手にはどういう風に捉えられているか?」というのをしっかり考えると良いでしよう。

ほっといてほしいと発言する人はどういう性格が多いでしょうか?

内向的、インドア派。そういう人がいる

性格としては内向的であったりインドア派・マイペース派で、自分でじっくり何かをしたい、とか、不器用で色々話しかけられると分からなくなっちゃう、とか、マルチタスクで動くのが苦手な人、とか…そういう人はほっといてほしいと思う傾向があるようです。

逆に、上述の性格とは逆の人からすると、良かれと思ってしたことが、思いのほか、受け入れてもらえず、「ほっといてほしい」と言う人との付き合いには、戸惑うことが多いことでしょう。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました