かまってちゃんの特徴・あるある大公開!心理・原因・診断・直し方まで解説。

私なんて…私なんて… 恋愛スキル関連コンテンツ
  • もしかして、俺、かまってちゃん男なんじゃないか?
  • もしかして、私、かまってちゃん女じゃない?

などと近頃、気になって仕方がない人のために、

「かまってちゃんの特徴・あるある」から「かまってちゃんの原因・診断・直し方」までコンテンツを展開しています。

  • ご自身が該当しているのかどうか?
  • もし、該当しているなら、どういう風にすれば、それを軽減させることが出来るのか?

じっくりと読み進めてみて下さい。

かまってちゃんの特徴・あるある

嘘をいう、おおげさ、見栄を張る

かまってちゃんの分かりやすい例として挙げることはできるのは童話のオオカミ少年ではないでしょうか?

あの様に嘘を言ったり、嘘を言って自分に注目を集めたり、大げさなことを言ったり、見栄を張ったり…

自尊心を満たすための言動・行動にストッパーがなく、一般的な度を超えてやりすぎてしまうというのはかまってちゃんの傾向と言えます。

どんな人にも自尊心・自己顕示欲はありますが、度を超えてやり過ぎるかやりすぎないかがかまってちゃんかそうではないかのボーダーラインの一つになります。

ネガティブ・慰めてもらおうとする

かまってちゃんは、ネガティブで、常に落ち込んでいて、誰かから同情されたり慰めてもらうことを求めている傾向にあります。

他人に依存する

かまって欲しいとすり寄っている相手が自分以外の人と仲良くしているのを見ると、ジェラシー・嫉妬心を覚え、機嫌が悪くなります。

かまってちゃんは他人に依存しすぎる傾向にあり、その結果として、前述のように、あからさまに態度に出てしまい、周囲に迷惑をかけてしまうことがあります。

SNSで自虐ネタを挙げる・ツイートする

ネガティブ発言にも通ずるところがありますが、自分の自虐ネタをツイートしたり、不幸自慢をすることで、注目を集めたり同情されたりしようとする傾向があります。

上機嫌・不機嫌の振れ幅が大きい。

かまってちゃんは他者からの言動・行動に自らの上機嫌・不機嫌を大きく左右されている人なので、自らで機嫌をコントロールすることが難しい人であると言えます。

他者からの扱いが良いと思う日は機嫌が良く、悪いと思う日は機嫌が悪い…。

結果、機嫌の振れ幅がすごく極端な傾向にあります。

群れたがる・敵味方をはっきり区別したがる。

自らのポジション・味方の存在を確認したいので…。

かまってちゃんは自らの存在を他者と比較することで自分の存在を際立たせ確認しようとする傾向が強いです。

ですから、「この人は敵、この人は味方」と言った区別をして自分の存在感を確認しようとします。

自分の立ち位置・存在をきちんと認識して安心しようとする傾向がかまってちゃんは強いです。

SNS(twitter、フェイスブックなど)でしばらくお休みします…的ツィートを定期的にしている

かまってちゃんはツイートしていいね・ファボを思うように貰えなかったりすると、人知れず落ち込みます。

そういう状態が続くと「しばらくお休みします」と言って周りの人がどのように反応するかをチェックしてしまう傾向にあります。

体調悪いアピール

頭が痛いとか、腰が痛いとかそういうことを言うと、周りの人は「大丈夫?」などなにかしらの反応をしないといけないような気持ちになります。

その時に声をかけてもらうことを期待してかまってちゃんはついついそういった体調悪いアピール・病弱アピールをしてしまう傾向にあります。

頑張ってますアピール

「仕事が忙しくて、昨日、私、寝てません。」などと言って、「大変だねー」とか「すごいねー。」とか、「根性あるね~私には絶対無理。」などの反応が返ってくることを期待します。

これに関しては、仕事できる系の人が結構含まれていて、「隠れかまってちゃん」であるケースが多いです。

ぶりっこ

ブリッコというのは「可愛く見られたい」、「モテたい」という気持ちの表れからくる言動・行動。

広義で言えば、かまってちゃんの特徴の一つとして挙げてよい特性です。

かまってちゃんの原因

自信がない、認められた経験がない

自分に自信がなかったり、他者から認められた経験がなかったりすると、どうしてもそのコンプレックスを解決しようとしますので、他者の注目を集めようとしてしまうことが多くなってしまいます。

愛されたという経験が不足していて、補おうとしてしまう

幼少期に周囲・親などからの愛情・評価をしっかりと受け、満足することができている人は、大人になってからそれを過剰に周囲に求めることはありません。

逆にそうではない人の場合は、愛情・評価を過剰に周囲に求めてしまいます。

結果、かまってちゃんと周囲に評されることになってしまいます。

ストレスを軽減するため

周囲にかまってもらう、大事に扱ってもらうということ自体が、快適・快楽であるという風に認識してしまっている…認識していないにしても無意識に欲しているという場合は…ストレス解消の手段として、周囲にかまってもらおうとすることがあります。

自らの存在を確かめるため

周囲にかまってもらうことで

  • 自分がここにいるか?
  • 自分がどういう存在であるか?

というのを確かめることが可能になります。

ですから、自分の存在に不安がある人はかまってちゃんになりやすいと言えます。

夢中に取り組めている物事がない

何かに夢中に取り組んでいたり目指しているものがあったりすると、前を向いているので、周囲が気になるというのは自然とないものです。

夢中に取り組めている物事がないと、前を向けてないので、横を見てみようかとなります。それがかまっちゃんの始まりと言えます。

スポーツ漫画で、明るい未来を思い描いてキラキラ輝いて努力している時は、かまってちゃんではないのに、怪我・故障などをして、途端に、周囲に当たり散らすかまってちゃんに変身してしまうケースがよく見られます。

かまってちゃんというのは、そもそも性格的に寂しがり屋であるなどその人に原因があるケースだけではなく、環境・状況によっても生み出されるとケースがあることがわかる、わかりやすい一例ですね。

かまってちゃんの診断・直し方

ここまで書かせていただいている、かまってちゃんの特徴・あるある・原因で概ね心当たりがあるという方は、かまってちゃんと言ってよいでしょう。

中には、かまってちゃんの性質を宿していながらも、周囲にはそれを隠している、隠れかまってちゃんもいらっしゃることでしょう。

かくいう私も、その傾向があります。

かまってちゃんを放置していると、周囲に迷惑をかけることになりますし、周囲からの評価が下がる原因にもなります。

隠れかまってちゃんにおいても、ストレスをため続けることになり、心理的・精神的にも望ましくありません。

私、かまってちゃんだ…その資質がある…と思った方は、是非、直し方をご覧になり、できそうなものから試してみて下さい。

趣味に夢中になる

夢中になれるハマりごと、漫画とかゲームとか小説とか筋トレとか仕事とか色々あると思いますが、それらに夢中になることでかまってちゃんである自分を改善することができます。それらに夢中になれば、周囲を気にすることが少なくなる、もしくはなくなるからです。

身体を鍛える

体を鍛えると爽快感を得ることができますし、自信を持つことにも繋がります。

結果、周囲に自分の存在を確かめる必要がなくなる自分に近づいていくということになります。

依存する先を意図的に分散させる

特定の人にかまってちゃんとして依存してしまうと、その相手はものすごい負荷を感じてしまいます。あなたの評価は下がってしまいます。

かまってちゃんを辞めないにしても、その先を複数に、様々な人に分散させることでそれぞれのかまってちゃん度合いを軽減させることができ、結果、それぞれの人があなたがかまってちゃんであると認識する度合いや率が低くなります。

植物を育てる

植物は水をあげたり、温度を調整したり、愛情を注ぐことで生命を維持し、それなりに反応・結果を得ることが出来ます。

また、緑を見ると人は癒されます。

植物に愛を注ぐことで、自らの支えとなっている人への依存心を軽減させることができます。

植物は心の拠り所として確固たるものになり得ます。

ペットを飼う

動物・生き物ですから、安易におすすめするわけにはいきませんが、犬・猫などペットを家族として迎え入れ、一つ屋根の下で暮らすと分かり合う・共存するという意識を持つことが出来ます。

アナタなしには生きていくことが出来ない”家族”が心の拠り所となり得、他者への依存心を軽減することができます。

”どんなことがあっても、私には●●ちゃんがいる!”と思えることで、かまってちゃんから脱却し、他人から見て逞しく、強い人という風に見られることが可能になります。

かまってちゃんの特徴・あるあるに関するQ&A

かまってちゃんは男女で違いはありますか?

基本は同じ…。ただ、男性の場合は、その言動・立ち振る舞いなどから、本当はかまってちゃんなのに、それを判別しにくいケースが多いです。

例えば、前述している寝てないアピールなど…

寝てないアピールはすごい頑張っている人、すごい人みたいに見えてしまうケースがあります。

しかし、これは結局のところ、「すごいと思われたい」、「大変だねって思われたい」かまってちゃんであるというケースが多いです。

女性の場合、ストレートにかまってちゃんが出ているケースがありますが、男性の場合、かまってちゃん的行為がかっこつけ的行為であることがあり、その場合は、判別が難しいですね。

かまってちゃんに相性の良い人はいますか?

  • 世話好きな人
  • 母性が凄くある人
  • 優しさがある人
  • 人に優しくすることに喜びを感じる人

というのはかまってちゃんと相性がいいということが言えます

「そういう人は、誰からも好かれるだろ?」と思うかもしれませんが、そうとは限りません。

世話焼きな人は、ドライな対応を好む、ほっといてちゃんからは、鬱陶しい人と映る場合もあります。

かまってちゃんはうざいと思われる、嫌われるというのは本当ですか?

先述のような世話焼きとか母性のある人などではない人にとってはうざいと思われる可能性は当然あります。

人は基本的に自分に興味があり他人には興味のないもの。自分のことを邪魔されることを嫌います。

かまってちゃんというのは他人の邪魔をする人なので嫌われがちであると言えます。

かまってちゃんはかわいいから男性からモテるという人がいますが本当ですか?

かまってちゃんの中でも

  • ブリッコ
  • 頼み事を可愛くしてくる

などのかまってちゃんの場合は男性からモテる傾向にあると言えます。また、かまってちゃんの場合、コミニュケーションを取ろうとしてくるわけで、男性からすれば・・・「もしかして、俺に気がある?」、「脈ありだったりする?彼氏になれちゃう?」などと考えてしまうこともありますので、そのあたりからもモテる傾向にあることを後押ししていますね。

そうではなく、自慢ばかりして注目を浴びようとするかまってちゃんなどほぼ全ての人から、嫌われるモテないかまってちゃん要素もあります。

ですから、かまってちゃんが恋愛フェーズにおいてモテるかモテないかは、その種類にもよるし、ケースバイケースだということが言えます。

かまってちゃんは空気読めないと言われましたが、そういうものですか?

  • かまってほしい
  • 大事に扱われたい

という気持ちは基本的には持っているものですが、それを何よりも優先させ、相手の事を考えずに立ち振る舞ってしまうのが一般的にかまってちゃんという風に言われがちな人です。

何よりも優先させてしまうので結果的に空気が読めないという風に言われてしまうとなります。

父親、母親…高齢者のかまってちゃんに困っています。その原因はどういうところにあるのでしょうか?

そういった人たちの生活環境の変化が大きくかかわってきています。

例えば、仕事をしていたけど、定年退職した…という場合であれば、それまで、人から頼られ、忙しく、自分がそれなりの人間であると思うことが出来て…定年前はざっくり言うとそのような状態…。

定年後は、別の仕事を始める場合であっても、それまでの仕事のような満足感・充足感を得ることは難しいです。また、自由な時間が増え、暇であるとも感じ始めますし、他者との関り合いがなくなりますので、自分の存在意義を認識するために、それらを家族で満たそうという方向へ向かってしまうことがあります。

家族というのは身近に気軽に何かを言える間柄なのでどうしてもかまってちゃんになりやすい傾向にあります。

「ギターとかはじめてみたら?」
「スポーツクラブは色々プログラムがあって面白いよ」

と言った具合に、アナタに向いているかまってちゃんを他者に目を向けさせるようにそれとなく仕向けてみるのは良い方法の一つですね。

職場でのかまってちゃんおばさんの部下がうざいので困っています。対処方法を知りたいです。

基本的には全般的なかまってちゃんへの対処策と同じですが、職場と言うと限定的な空間であることが多いかと思います。

そうなると、どうしてもかまってちゃんを相手にしなきゃいけないシチュエーションが出てくるのかなという風には考えられます。

対処策としては

  • 適当に相槌を打ったり
  • そこまで入り込んで相手の話を聞かない
  • 話が盛り上がるタイミングでちょっと忙しそうにして席を立つとかトイレに行く
  • 話をしている時に、少し距離を取る、立ち位置をずらす。
  • 「あっ!?」何かを重要なことを思い出した!みたいな具合で「すみません!」と言ってその場を離れる。

など、格闘技で言うところの間を外すような、サラッと流すようなつかみどころのないような感じでの対応をし、相手にとってそういう風な存在であると認識してもらうようにすると、かまってちゃんが発動する回数を減らすことが出来ます。

構ってちゃん男との結婚を考えています。浮気のリスクは?特徴は?直し方はありますか?

かまってちゃん男との関係を結婚まで考えてるということは、かまってちゃんな側面も含めて受け入れてあげようというふうにあなたが考えているということなのではないでしょうか?

それであれば相性がいいという風に考えることもできますし、そうでないにしてもそれを受け入れることができるというふうに考えているということも言えますのでかまってちゃんだから結婚しない方がいいとは言い切れませんね。

結婚生活というのはどうして互いが空気のような存在になっていきますのでかまってほしいという気持ちが満たされない状況に陥るケースが長い結婚生活においては必ずと言っていいほどに起こります。

そんな折りにかまってくれる存在を見つけてしまうとそこから浮気という風なことになるリスクはかまってちゃんにはあります。

逆にいえば没頭できる趣味を持っている人などはそういうリスクは低いということが言えます。

以上のことを比較してみると、かまってちゃんが浮気しやすい傾向にあるのがわかりやすいですね。

直し方・対処法としては、

家族で人生を楽しむスタイルにチェンジする。

家族で趣味を楽しむ…キャンプ、釣り、テニス、等々…そのような習慣をつければ、かまってちゃん男は満たされた状態が保たれますので浮気のリスクを大幅の軽減し、幸せな家庭生活を実現することが出来るようになります。ただし、旦那様の価値観や仕事との兼ね合いで実現が難しい場合もあります。

意識してコミニュケーションを取る

結婚すれば、お互い空気のような存在になってしまうのは当たり前のこと。それを理解した上で、意図的にしっかりとコミニュケーションを取るようにすることで、かまってちゃん男の浮気リスクを軽減することが出来ます。

自分磨きを忘れない。適当にイメチェンをする。

結婚したからと言って、安心し、自分磨きをおろそかにしていると、旦那さんは、、若くてきれいな女性に新鮮さを覚え、浮気へと歩んで行ってしまう可能性が高まります。

  • 自分磨きすることを生涯忘れないようにすること
  • 旦那さんのアナタへのマンネリを起こさせないために、適当に、ファッション・髪型を変え、イメチェンをすること

これらに気を付けることで、かまってちゃん男の浮気リスクを軽減することが出来ます。

かまってちゃん女の悲惨な末路とはどのようなものでしょうか?

一番面倒なタイプが辿る、典型的な悲惨な末路がございます。

かまってちゃんのめんどくさい最も典型的なケースは、グループの中心になって人間関係をコントロールしようとするケースです。

例えば…好きなもの同士でグループを作って、誰かを敵・味方に区別する。

その構図になるとどうしてもはみ出る存在が出てきて、常に誰かがターゲットにされるというようなことが起こりえます。

そういった行為を繰り返していると、周りの人間が不満を覚え、どんでん返し・総スカンを食らってしまうというところに行き着いてしまいます。

そうなると完全にそのかまってちゃんだけがそのコミュニティの中で孤立という形になってしまいます。

これがかまってちゃん的要素がある人間の考えうる最悪の末路と言えるでしょう。

かまってちゃん女が好きなタイプ、好むタイプはありますか?

かまってちゃんであるがゆえに世話焼き世話を焼きたがる人は相性が良いと言えます。

また、マメにLINEの返信をしてくれる人、いい塩梅で褒めてくれる男性などもかまってちゃん女が好むタイプと言えます。

かまってちゃんの妻への対処・対策はありますか?

そもそも、妻という立場の人は誰でもかまってちゃんになりやすいと言えます。

かつて自由に男性と飲みに行ったりとか遊んだりとか…結婚前に比べれば結婚後は制約が出来ますし、女性として見られる機会は激減しますし、そういう間柄は法的には許されないということもあります。

唯一異性として見てもらえるパートナーが相手のことをちゃんと見てなければやはり不満を覚え、かまってほしいという風になる…それは自然なものです。

夫である人が、仕事で忙しかったり、何かしら理由があるにしても、妻の立場からすれば、かまってちゃんになってしまう要素は十分すぎるほどに結婚生活に存在しています。

その状況を理解し、受け入れて対応くれる男性というのが素敵な男性であり男らしいと言えます。

しかしながら、世の中そんな男性ばかりでもありません。

そこが不条理ではありますが妻という立場の人間はそこに耐える必要があるかもしれません。旦那さんも仕事等でそれなりに必死に頑張っているわけで、妻の自尊心を独身時代レベルで満たして上げれるほどかまってあげることは困難だからです。

ですから、妻の立場にある人は、割り切って、趣味・仕事・子供・ペット等々色恋以外の何かに注意を向け、心を分散させるという努力をするのもまた一つだしそこで新たな楽しみに開眼することもあります。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました