結婚したいけど出会いがない…結婚するには?原因分析・解決方法…

結婚したいけど出会いがない人のボヤキ 出会いに関するコンテンツ

結婚したいけど出会いがない…結婚するには?解決するのは簡単です!

結婚したいけど出会いがない…結婚するにはどうしたらいいの?そんな風に悩んではいませんか?

出会いがない・恋人がいない時は、恋人を作ることがとてつもなく難しいことに思えてしまっているかもしれません。

ですが、実は恋人(彼氏・彼女)を作るのはそんなに難しいことではありません。

これから、なぜ、恋人(彼氏・彼女)を作ることが難しくないのか?についてわかりやすく解説していきます。これまで彼氏、彼女が一度もできたことが無い人や付き合ったことが無い人でも悩みが解決できるコンテンツです。是非読み進めてみてください。

「本気で恋人が欲しいと思っているのに出来ない…」↑これは実はあり得ないことなんですよ。読み進めていただければそれが何故なのかわかりますよ…。

結婚したい!結婚するには…恋人を作るために性格を改善する必要はない!

  • 彼氏、彼女がいないのは、きっと自分の性格に原因がある。
  • 私のルックスがイマイチだから彼氏・彼女ができないに決まってる。
  • 出会いがあるも出会いがないも自分には無関係だ。自分がイケてなさすぎて異性に見向きもされないのが問題なのだから。

という風に思いこんでいる方がいらっしゃるかもしれません。ですが、これは大きな間違い・根本的な誤解です。それはなぜか…?

周りを見渡せば、あなたより性格の悪い人にも恋人はいますし、あなたよりもルックスが劣る人にも恋人はいるからです。

じゃあ聞くけどさ…芳美ちゃんにはなぜ彼氏がいて幸せなんだと思う?芳美ちゃんはお世辞にも可愛いとは言えないよね…

そもそも、性格もルックスも数値で優劣をつけることができるものではありませんし、完璧な性格も完璧なルックスも存在しません。

まず、そのことを頭にしっかりと入れておく必要があると思います。話しは戻りますが、先述の

  • 彼氏、彼女がいないのは、きっと自分の性格に原因がある。
  • 私のルックスがイマイチだから彼氏・彼女ができないに決まってる。
  • 出会いがあるも出会いがないも自分には無関係だ。自分がイケてなさすぎて異性に見向きもされないのが問題なのだから。

と思ってしまっていること自体が問題です。このように思ってしまっているということは、無条件に自分を否定していることになります。自分を好きになれなければ、他人を好きになる余裕は生まれません。

自分を愛せない人は他人を愛せないよ。「他人を気遣い、思いやる」ことは自分を愛せてない人には出来ないからね。何故かって?自分のことでいっぱいいっぱいだからだよ。

性格・ルックスも数値で優劣をつけることはできませんし、あなたよりひどい人もたくさん存在するし、にも関わらずモテる人が多数存在しているのも事実なのです。

このことは、実際に、婚活パーティーや街コンの現場に行って周りをざっと見渡せばすぐに納得できることです。

この事実を理解し、まずは、自分を肯定することから始めてみましょう。それが彼氏・彼女を作る第一歩であり、結婚したい人がまずできなければならないことです。

出会いがないから彼氏、彼女が出来ないとは…

彼女、彼氏が欲しいのに、出会いがないから…という人はかなりいるのではないでしょうか?これは実際にそうである場合もあると思います。

ただし、先ほどのように、自分に対して否定的な気持ちを持っていると、積極的に人に絡んでいくことができない状態ですので、身の回りの出会いのチャンスを逃してしまっていることが多々あります。

出会いがないというよりは出会いを知らず知らずのうちに自ら無条件にシャットアウトしてしまっている状態です。

アメリカの青春ドラマをイメージするとわかりやすいかもしれません。

男女が友人関係を育み、そんな中、唐突に芽生える恋…。よくあるべたなストーリー・事例ですが、”自ら無条件にシャットアウトしてしまっている”人にはこのようなシチュエーションは訪れることはありません。

人に対し自然体で接することが出来ていたらこんなシチュエーションは頻繁に訪れます。誰かといつの間にか惹かれあう…なんてことも…

ですから、自分を肯定するということは今現在、出会いがある、出会いがないに関わらず、彼女・彼氏が欲しいという風に思っているならば大事なことです。

それでは、自分を肯定することができているということを前提で出会いがないという状態について考えていきましょう。

自分を肯定さえできていれば恋人が欲しい・結婚したいと思っていて出来ないことはあり得ない

自分を肯定することができていて、「恋人が欲しい」、「結婚したい」という思い・強い意志を抱いているならば、「恋人を作るにはどうすればいいのか?」・「結婚するにはどうすればいいかのか?」を考えて行動するだけです。

「恋人を作る」「結婚する」など目標を設定したら後は、それに向かって着実に歩みを進めるだけ。

たとえ、それで何等かの失敗をしたとしても、目的を達成するまで歩みを止めなければ目的は達成することができます。

<合コンで恋人が出来ない…>・もっと数を増やす?・自分のファッションを見直す?・出会いの方法を変えてみる?|上手くいかないことがあれば状況を冷静に分析し、ゴールに向かって最善の手を打ち続けていく。それをくり返し続けることが出来るなら目標は必ず達成することが出来る!

出会いがないという状態の場合、

  • 友達に良い人を紹介してほしいと頼む
  • 合コン・コンパに積極的に参加する

などの行動を起こすこともできますよね。

ですが、この古典的な方法にはそれ相応のリスクがあることも覚えておくべきです。

知人や友人に頼ることになりますので、そのネットワークに限りがあるということもありますし、何より、失敗を続けた上でそれでもあきらめないで頑張ってしまうと、知人・友人との関係性まで悪化してしまう恐れがあります。

合コン・コンパ・街コンをくり返してたら…・肉食系女子っていわれた・遊び人って言われた・もう紹介出来る人いないって言われた…ただ、恋人が欲しくて頑張ってるだけなのに…

ひと昔前でしたら、出会いがない場合、このような古典的な方法に頼らざるを得ませんでしたしが、そういった行為は「遊んでいる人の行為」、「モテない人の行為」という風に捉えられる場合もありました。

しかし、今は、恋活・婚活という言葉が定着し、浸透していて、様々な恋活・婚活のためのサービスがあります。

恋活・婚活すること自体、普通であるという世の中に変化しているのです。それらを利用すれば、誰でも簡単に恋人募集中の異性との出会いの機会を得ることが出来ます。

とはいえ、恋活・婚活サービスは色々とあり、その特徴も様々です。「結婚したい!」と本気で思っている人に最もおすすめのサービスは何なのでしょうか?

おススメその1:まず無料で利用できるマッチングアプリから婚活を始めてみよう!

マッチングアプリは、スマホで空いた時間にポチポチするだけで人にバレることなく出来る恋活・婚活です。

利用料金は、女性は無料のサービスも多いですし、気軽です。

おススメその2:結婚したい!と本気で思っている人しか利用しないのが結婚相談所

マッチングアプリは、結婚までは考えていない人も利用者にいます。しかし、結婚相談所は本気で結婚したいと考えている人しか利用しないという特徴があります。

最初にデメリットを伝えておきますが、マッチングアプリのように無料で利用できる結婚相談所は存在しませんし、それ相応の費用が必要にはなります。

恋活・婚活サービスには色々ありますが…

  • 街コンはただの出会いに過ぎない。遊び半分の参加者も多いし…。結婚までは距離がありすぎる。
  • 婚活パーティーに行っても結局、私はモテないから傷ついて帰ってくるだけ…。
  • 本気で結婚したいと思っているから、婚活パーティーに何度も行っているのに空回りして全然上手くいかず、自信をなくしている。
  • 本気で結婚したいと思っているから、街コンに何度も行っているが、私の必死さにいつもドン引きされてしまう…。
  • 街コンでイイナと思う人と出会えたけど、相手には結婚願望がなくて…。
  • マッチングアプリを利用しているが、思うようにマッチングせず、中々実際に会えない。
  • マッチングアプリでデートしたけど、暇だったらなんとなく利用しているだけ…と言われた。
  • マッチングアプリは出会いが機械的過ぎて、テンションが上がらない。

などはよくある話。街コン・婚活パーティー・マッチングアプリ…出会いを得るということではどれも意義がありますが、その出会いの質・レベルにはバラつきがあるのです。

結婚相談所サービスには、本気で結婚したい人しか集まってこない!

街コン・婚活パーティー・マッチングアプリには、「結婚願望がない人」、「遊び半分の人」も混じってますが、結婚相談所サービスには、そういった人はおらず、「本気で結婚したいと考えている人」しか集まっていません。

それには、コスパが大きく関わっています。結婚相談所サービスは、街コン・婚活パーティー・マッチングアプリほどは気軽な金額ではないのです。

コスパにより、結婚する気がない人は自然と取り除かれていますし、参加者の一定の質も保たれています。

とはいうものの、高額過ぎる結婚相談所サービスは嫌だ…という人もいらっしゃることでしょう。

有名企業の結婚相談所サービスなら明瞭会計で安い!

小さな結婚相談所の中には、

  • 料金プランが不明瞭。
  • 入会金・月額費用がべらぼうに高い。
  • 成婚料が必要。
  • 会員が少ないから出会いに幅が狭い。
  • マッチングのシステムが古い。アナログで不便。

などで不満を覚えてしまう場合も。

しかし、有名企業の結婚相談所サービスならこのようなことは起こりにくいです。

有名企業の結婚相談所サービスは…

  • 料金プランが明瞭でわかりやすい。
  • 入会金・月額費用がこれまでの結婚相談所と比較すると1/3~1/5程。非常に安く気軽に利用できる。
  • 成婚料不要。
  • 利用者が多いから出会いも多く、幅広い。
  • 大きな母体を持つサービスだからシステム・セキュリティ面で便利・安心。

です。

(注意!)マッチングアプリの盲点。だからアナタは結婚したいのに結婚できない!

マッチングアプリ(婚活・恋活アプリ)は、はっきり言って、恋人を探している人にとって非のうちのどころのない素晴らしいサービスと言わざるを得ません。

  • 世の中存在する人間の中で恋人が欲しい人だけに絞ってくれる。
  • 希望の条件で相手を絞り込むことが出来る。
  • 忙しくても取り組む事が出来る。

どんなに忙しい人でも、自分にとって最高の条件の異性を探し出すことが出来る環境がそこにはあります。

しかし…「恋人が出来ない、更には結婚したいと思っているのに結婚できない。」という人が世の中には溢れています。

マッチングアプリが「出会いがない」という状況を解消してくれるツールであることは確かです。ですが、それを利用する人が増えているのに「恋人が出来ない、更には結婚したいと思っているのに結婚できない。」なぜなのか…?

出会いへのアプローチを間違えている

これは結婚に限ったことではなく、全てにおける真理にもつながっていることですが、「完璧なモノ(人)はいません。」

  • マッチングアプリの中には無限と言っていい出会いの機会があります。
  • 条件を自分の希望で絞り込むことが出来ます。

このことが、出会い・恋愛へのアプローチを誤ったものにしてしまいます。

いつまで理想の男性を探し求めるつもり?そんなの世界中探し回っても居ないから!貴女も多くの男性にとって理想的じゃないわよ!2人の関係は、日々良い形に積み上げていくものよ…

学生時代の気持ちの盛り上がりをいまだに求めている。

学生時代、恋をした経験がある人は多いことでしょう。「この人しかいない!」そういうレベルにまで入れ込んでしまうこともありますよね…。

しかし、冷静に考えてみると、

  • その彼よりもイケメンな人は他にもたくさんいます。
  • その彼よりも性格が良い人は他にもたくさんいます。

恋をしている時、彼よりも優れた男性が他にもたくさんいるにも関わらず、「彼が私にとっては1番!」と思ってしまっているのです。

この時に、もっといい条件の男がいるから…などという理由で、あちこちに出会いを求めるような人はいませんよね。

学生時代好きだった人よりもイケメンな男性に何人も出会っているのに、なぜときめかないのだろうか?これは、どうしようもないことなのだろうか?学生時代のようなときめきを求めていたら、結婚なんて永遠に出来ないのではないだろうか?

一昔前のお付き合いから結婚の流れ

一昔前、インターネットもスマホもなかった時代、

恋愛は、出会い…様々なやりとりを経て…恋に落ち付き合い出し…結婚…

という流れを辿ります。今ほど生き方は多様化していませんでしたし、インターネットがない時代は、他者がどうであるか知る術も多くありません。

多くの人が、これくらいの年齢に結婚しているからという理由で、自らの恋愛の先の結婚に疑問を感じることなく、また、別の選択肢があることを疑うこともなく、結婚へと進んで行っていました。

友達はみんな結婚してくし…親戚で結婚してない人っていたかな…?

情報過多と生き方の多様化が人に及ぼす影響

現代は生き方が多様化していますし、情報過多の時代でもあります。

  • SNSで同年代の女性がセレブでリア充な姿を投稿していたら…
  • インターネットで自分とは違う生き方を発見してしまったら…

自らの今を疑う原因になります。もっと違う自分があるのではないかという幻想を抱くことになります。

今、手にしようとしている自分の幸せにクエスチョンマークを付けてしまうことになります。

私の幸せはこんなものじゃない!他にもっと凄い幸せがあるはず…

情報に振り回されない。自分にとって最高のスペックの相手を探すのはほぼ不可能であることを知ろう!

マッチングアプリなど、最先端の婚活サービスを利用すれば、選びに選んでこの上ない条件の相手を探し出すは可能です。

しかし、その相手を探し出すという行為は、砂漠で落としたコンタクトレンズを探すほどに難しいことです。人が求める理想には際限がないからです。

また、そんな理想的な相手が、アナタのことを良いと思わなければ、付き合い・結婚に至ることがありません。

これが、真実であるにも関わらず、多くの人は、このような婚活を展開し続け、年齢を重ね、自らの市場価値はジリジリと下がっていき…それでもなお、白馬の王子様を求め続けてしまっています。

アナタさぁ…。文句ばかり言ってるけどアナタはどれくらい立派なのよ…?「相手から見たアナタはどうなのか?」一度考えてみたら…?

次があるさと思わないこと

マッチングアプリ・婚活パーティー・街コンをはじめとた婚活サービスは、利用者にとっての”出会いの希少性”を低くしてしまいます。

コイントスをして、裏が出るか表が出るか…「今回は、裏だ。ハズレだった。次の街コンに期待しよう…。」みたいな思考で婚活をくり返している人がいます。

それは、いつまでの実在しない白馬の王子様を探し続ける痛い人になってしまうことに繋がっています。

失恋を乗り越えるための心理学的なアプローチとしては”次があるさ”は有効ですが、使う場所を誤ると自分にとっての良いご縁を見逃してしまうことになります。

よしっ!「今」に集中だ!

今ほど婚活市場が盛り上がっていなかった時代…20~30年前くらいの若者は合コン・飲み会で知り合った”ご縁”を今以上に大事にしていました。

それは、20~30年前の若者が立派だったからなどではなく、ただただ、出会いの機会が今以上に貴重で少ないものだったから。

今よりも出会いの機会は劇的に少ないのに、結婚できない・結婚しない人がそれと同様に劇的に少ないわけではない…。

平均初婚年齢は、年々緩やかに上昇傾向にあります。出会いの機会が少ないはずの昔の若者の方が20代など若い時分に結婚の決断をし行動を起こしていることが見て取れます。

※これには、出会いの機会のみならず、女性の社会進出やインターネット等の影響による生き方の多様化などの影響も含まれますが。

参照 https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h18gaiyou/html/figure/fg03.html

それはなぜなのかと考えてみると、見えてくるものがあります。

恋愛・結婚は、視野を狭く!そして自分たちでよりよくしていくもの!

恋愛して結婚するため大事なのは…

  • イイナと思った相手をもっと好きなること、好きになろうと努めること
  • 敢えて視野を狭くすること
  • しっかりと相手に向き合うことで相手にも好きになってもらうこと
  • あら捜し・自分にもっと合う人がいるという思考を入れ込まないこと

自分たちでお互いを良き存在・かけがえのない存在へと発展させていくこと大事。

このスタンスをとることが出来れば、良い人がいないと嘆く必要なく、結構な数の男性が、恋愛対象・結婚対象となります。そして、一緒に歩む期間を積み重ねる毎に、唯一無二の最高のパートナーとお互いが成長することができるのです。

恋愛・結婚はゴールじゃなくてスタート。不完全な二人がお互いにとって快適な関係をゼロから構築していくもの。

ただし、酒癖・DV・仕事を真面目にしているなど最低限譲れない条件だけは設定しておくべき。その条件さえクリアしているなら…私は、彼を意図的にどんどん好きになる…そういう気持ちが大事。

  • マッチングアプリが便利すぎること
  • 情報過多・生き方の多様化

婚活に励んでいるのに婚活がうまくいっていないなと感じている人は…これらがアナタの恋愛・結婚を邪魔しているかもと疑ってみるべきです。

マッチングアプリは、出会いがないことを解消するためだけに利用し、一度誰かと出会えたら、まずはその相手とだけ真剣に向き合うこと、敢えて視野を狭くし、情報を遮断すること。

このスタンスで臨めば、マッチングアプリをはじめとした婚活サービスの多くはアナタにとって、恋愛・結婚をサポートしてくれる素晴らしい味方となります。

「結婚したいのに出会いがない人」には、マッチングアプリ・結婚相談所以外にどんなサービスがある?

知人・友人を介す必要がありませんので、知人・友人にばれることなく彼氏・彼女を作ることができるのがインターネットでの恋活・婚活サービスの特徴。

結婚相談所に関しても一部ですが、その特徴は先述させていただきました。

こちらでは、マッチングアプリ・結婚相談所以外の婚活サービス・出会いの場についてそのメリットデメリットを見ていきます。

街コン・婚活・お見合い・恋活パーティーはどう?

街コンジャパンなどが有名どころですね。公式サイトから、開催予定の婚活・お見合い・恋活パーティーを見て、よさそうなのがあれば参加することが可能です。

参加する場合は婚活パーティー・お見合いパーティー・恋活パーティー…名称で結婚を前提とした彼氏・彼女を求める人の集まりか、比較的ライトな集まりかを判別して参加するようにしましょう。

パーティーが得意な人、楽しめる人にとっては良いと思いますが、そうではない人にはやや難易度が高いかもしれません。1対1で向き合うわけではなく、多くの比較対象がいる中でのやり取りになりますので、時には自信喪失することなどもあります。

費用は、パーティーにより様々ですが、基本払いきりですから特に上述の街コンジャパンなどの有名どころであれば安心して参加できます。

出会い系はどう?

いわゆる出会い系と真っ当な婚活・恋活サービスの最大の違いは、料金システムにあります。真っ当な婚活・恋活サービスは定額制ですが、いわゆる出会い系は課金制になっています。

定額制だと、毎月定められた金額以上費用が掛かることがありません。しかし、いわゆる出会い系の課金制だと、メッセージを送るためのポイントを購入し、そのポイントがなくなるとさらにポイントを購入しなければならない…ということになってしまいます。

異性とメッセージのやり取りをしている途中で、ポイントが尽きてしまったら…ポイントを追加購入したくなっちゃいますよね。そうなると、どんどんポイントを購入しなければならなくなってしまいます。

中には、サクラを使って、思わせぶりなメッセージで相手を引っ張るだけ引っ張って一人からとことんポイントを購入させようとするサービスもあります。

真っ当な出会い系は、定額制ですので、サクラを使って特定の相手からポイントを購入させる必要自体がありません。

結婚式の二次会

出会いの場としてはベタではありますが、やはり外せないのが結婚式の二次会ですね。20代の方の結婚式二次会は、独身率が高いですし、幸せそうな当人同士を見ますので、結婚への憧れが高まり、男女ともに結婚願望が高まっているタイミングでもあります。

また、結婚式の二次会は遠くても知り合いの知り合いの知り合いくらいの関係性の人が集まりますので出会いそのものに信頼感があるという特徴もあります。

出会いの場として結婚式の二次会を活用するには、その場限りのロマンスにしてしまうのは長続きしないことが多いですから得策ではありません。

その場だけで、がっつくのは不自然でもありますので、まずは、連絡先を交換して、数名のグループで以後集まる場を作るのが最も得策です。

そのグループで複数回遊ぶことが出来れば、それで出会いの場が一つできたということになります。

30代になってからの結婚式の二次会は既婚率が高いので、出会いを求めて参加する人の割合自体も低くなります。

家庭を持っている人は、その後グループで集まることすら敬遠してくる可能性が高いですので、アプローチする際は既婚者かどうかを確認してからにする必要があります。

出会いの場としては、30代になってからの結婚式二次会は20代の時のそれに比べると大きく価値が落ちるといわざるを得ません。

職場恋愛

職場に恋愛を持ち込むな…なんていうと仕事の鬼みたいでカッコいいかもしれませんが、多くの社会人にとって、職場というのは人生の多くの時間を過ごす場所。人生ということを考えるならば、職場は出会いの場として無視することはできないのではないでしょうか?

私自身、最終的には職場恋愛からの職場結婚でした。仕事に支障がないように心がけ、また、誠意を持って相手とお付き合いをするということでしたら、職場での出会い、恋愛、結婚も私はありだと思っています。極々自然なことだといえますし、実際、職場恋愛から結婚に至る人はなんだかんだ言って非常にたくさんいます。

注意したいのは、やはり、職場は仕事をする場所であるということ。恋愛は、仕事の次であるというのは仕事場での基本線です。その基本線を意識せずに職場で恋人探しをしてしまうと、色々な弊害が出てきます。

職場恋愛はあくまで、自然の流れによる結果であるという意識を持ち、積極的な気持ちを持っていたとしてもそのラインを守るのがベストです。

結論としては、現状職場で思うような出会いがないという人にとっては、職場はよき出会いの場にはなりえない可能性が高いということになってしまうのですが…

社会人サークル

学生の頃の趣味やクラブ活動を活かして、社会人サークルに参加することで出会いの場を増やすという方法があります。
仕事関係の知り合いの場合、(お互いに)仕事だからと、恋愛に発展することにストッパーをかけてしまうケースが多いですが、社会人サークルは、口に出さずとも、出会いを期待して参加している人も多くいますので、感情の赴くままに恋人探しをすることができます。

恋人を探すことを第一の目的にしているのであれば、参加した社会人サークルで恋愛がこじれ気まずくなれば、そこを辞めて別の社会人サークルに参加することもできます。

社会人サークルに参加し、そこでの人間関係が大事であると思えるようになってしまった場合は、恋愛がこじれてしまった時に、多少気まずい思いをすることもあるでしょう。

ですが、正々堂々と恋愛にチャレンジし、相手にも誠意をもって接したということでしたら、自らを恥じることはありません。その後も堂々と社会人サークルに参加すればよいでしょう。

ただし、同じ社会人サークル内で短期間で別の人にアプローチするのは、周りの人が良くは思わないでしょうから、一度恋愛にこじれた場合は、しばらくは、その社会人サークル内では積極的に恋人を求めない方が良いでしょう。

ゆえに、恋人探しということだけを考えるなら、効率が良いとは言えない面があります。

習い事

社会人サークルと似たような属性に、習い事というものもあります。書道、テニス、ゴルフ、料理など色々あります。また広い意味では、スポーツクラブやヨガなどもこれに当てはまるでしょう。

これらが社会人サークルと明確に違うのは、出会いを目的としている人が非常に少ないという点。出会い目的でガッツクのは得策とは言えません。

習い事の場から、恋愛に発展させるというのはあくまで自然の流れ。たとえこちらが自然ではなくとも、ある程度そういった自然さは演出する必要があります。

とはいっても、堅苦しく考える必要はありません。興味のある習い事を始めて…好感を持てる人がいたから話しかけてみる・・・そんなスタンスで気軽に近寄ってみれば良いでしょう。

恋愛に発展するしない抜きにして、習い事での出会いは、共通の話題がありますから、話が合いやすいです。そこから恋愛に発展していく可能性は十分にあります。

ただし、社会人サークルと同様に、恋愛がこじれた際の気まずさはある程度想定しておくべきかと思います。

コンパ・合コン

結婚式の二次会と同様にベタな出会いの場ではありますが、出会いがない人にとっては無視できないのがコンパ・合コンですね。

コンパ・合コンに参加するには、知り合い・友達の存在が必須。

社会人になってからのコンパ・合コンといえば、無難なのは高校・大学時代の友人に開催をお願いしたり、あるいはそのコネクションで自ら開催するというのが、仕事に影響が及ばない分、無難です。

仲良くなった会社の同僚、取引先の人とコンパ・合コンをすることが出来なくはありませんが、多少なりとも仕事へ悪影響が及ぶ可能性も把握しておく必要があるでしょう。

コンパ・合コンでの恋人(彼氏、彼女)作りで注意すべきことといえば、やはり結婚式の二次会と同様にその場限りのロマンスにしてしまわないこと。

その場限りのロマンスにしてしまうと、そこで一区切りがついてしまい、お互いに冷めてしまう場合があります。

特に、女性側ではなく、男性側にはその冷めてしまう傾向が強いです。コンパ・合コンの場でどんなにフィーリングで惹かれあってしまったとしても、そこはぐっとこらえて連絡先交換、もしくは、二人で飲みなおして何もなく次回の約束をしたうえでその日は別れる・・・までにとどめておきましょう。

街コン

近年、街コンというのも盛り上がりを見せていますね。街コン自体は、地域活性化等々の目的で他者が開催してくれているものですから、通常の合コン・コンパと違い、知り合い等のコネクションが無くても参加することができる出会いの場。

出会いがなく、出会いの場が欲しいけど、知り合いも友達もいない…という人にとっては救世主的存在といえます。

主宰者による配慮・細かな縛りがある場合もありますが、参加者は、独身者であれば気軽に参加することができますので、ガチで恋人を探しに来る人から、面白そうだからなんとなく参加する人まで多数います。

街コンだからと、全員が恋人作り目的で来ているわけではないことは事前に知っておく必要があります。

ただ、街コンというだけあり、出会いの場であることが前提としてありますので、結婚式の二次会ほど、1対1へのデートまでの距離は遠くありません。

その場でフィーリングが合う人や意気投合する人が現れたら、今後2人で○○へ遊びに行きませんか?といった誘いをするのは自然な場ですし、そういったことが期待できるのが街コンです。

気を付けておきたいこととしては、街コンも、合コンと同様に恋人探しの複数による戦いの場であるということ。その中で戦い抜く勇気を持っている必要があります。

戦いに敗れ、自信喪失してしまう場合もありますので注意が必要です。

相席屋などの飲み屋(婚活居酒屋)

最近は、相席屋など見知らぬ男女が敢えて相席になるという飲み屋さんが増えてきています。

こういった場での出会いはどうなのか…?まず、相席居酒屋の場合は、基本的に独身者でなくても行くことができます。

ですから、その場限りのロマンスを求めている人であったり、恋人を探す目的ではなくただ楽しむためだけに既婚者が来ている場合もあることを忘れてはいけません。

その場では、独身とウソをついている人と深い恋に落ちてしまうと、そのダメージは深刻です。

相席居酒屋にはそういった側面があることを把握しておきましょう。

本気で恋人を探すのであれば、相席居酒屋よりも良い出会いの場はたくさんあるといえます。

当然ながら、相席居酒屋の良さはそれ以外のところにたくさんあるのですが…

フェイスブック、ミクシィ、ツイッターなどSNS

今はSNS全盛期といってもよいほどに、多くの人がSNSをしています。SNSがきっかけで、知らない人と知り合いになったり、または、彼氏、彼女ができるということも珍しいことではありません。

ですが、だからと言って、恋人探しを目的に、SNSでガツガツすると、ドン引きされることが多いです。特にフェイスブックは実名ですから、知り合いに変な風に思われたりとダメージは計り知れないものがあります。

SNSで出会いを求める自然な流れとしては、恋愛を目的としてではなく、やり取りを楽しむのを基本線とし、その延長線上にある、交流、コミュニティ、オフ会からさらに関係を自然に発展させていき、結果、付き合うに至る(恋人ができる)…という形です。

恋人云々を抜きにした出会いの場を増やすということでいえば、SNSは使えるサービスといえますが、恋愛に特化したサービスではないので、恋愛に特化して活動してしまうとそれなりのリスク、弊害があるということは知っておくべきです。

SNSは、主に広告費で運営されていますので、利用者は無料です。無料ゆえに気軽さと自由さがあります。それにはメリットデメリットがあります。マルチ勧誘、詐欺目的などでSNSに入り込んでいる人がいる可能性は否定できませんし、それをSNS運営者側は積極的に取り締まっているとは言えない現状がございます。

そういったリスクがあることも知っておく必要があります。

結婚したいけど出会いがないことに関するQ&A

20代男性です。出会いがないのでナンパをしたいと思っています。出会いとしてナンパはどうなのでしょうか?また、コツなどもあれば教えてほしいです。

出会いがないからナンパをする…現状を打破するために行動しようと考えているのは素晴らしいことだと思います。ですが、ナンパは色々な面で難しいと言わざるを得ません。

相手がどんな人なのかわからない

ナンパは、やり方にもよりますが、基本的に、失敗を承知の上で、複数の人に声をかける必要があります。

また、全く相手のことがわからないのに声をかけることになります。

仮にナンパに成功してお茶することになり、連絡先を交換することができたとしても…「実は恋人が…」、「受け入れがたい何かを秘めていた…」など付き合うことを意識し始めた段階で発覚することもあります。

これに関してはナンパする側もされる側も抑えておきたいことです。

精神的に落ち込む(強くなれる)

ナンパして無視されて…さらにナンパして無視されて…

こういうことを繰り返していると精神的に落ち込むことがあります。

自信喪失してしまい、仕事や日常生活に支障が出るようならするべきではないかもしれません。

ただ、逆にそれを乗り越えることで精神的に強くなれるという側面もあります。

恋愛に発展しない場合が多い

ナンパしてその日のうちに性交渉…ということは色々なリスクの面から絶対に避けるべきです。

その日のうちに性交渉に至った場合、特に男性の側はそこで達成感が先行してしまいます。

ですから、その後恋愛対象として見れなくなってしまうこともあります。

真剣な恋人探し目的でナンパに臨む場合は注意する必要があります。

また、ナンパされる女性の側としても、十分注意する必要があります。

 

わいるどセミ
わいるどセミ

ナンパのコツとしては、一人で一人に声をかけることをお勧めします。ナンパといえば、複数の男性グループがが複数の女性グループに声をかけるというのをイメージされることが多いかもしれません。

しかし、それは、いわゆるナンパ。いわゆるナンパというのは無視して当然という認識がまかり通りますので中々話を聞いてもらえません。

一人で一人に声をかける場合、ナンパという感じにはならず、相手は話しかけられた・・・という風にとってくれる場合が多いです。

ですから、ナンパであっても比較的自然な出会いというのを演出できます。

一対一だと相手側からしても無視しにくいというのもありますので成功しやすいです。

とはいえ、私がいうのもアレですが、真面目に出会いを求めてのナンパはあまりお勧めしません。

というのも、今は婚活・恋活アプリがありますので。そちらの方が相手を吟味することができますから色々な面で確実で安全です。

ナンパしてて、後から彼氏が出てきた…なんてことも何度かあって焦りましたし。そういうときは素直にごめんなさいしてそそくさっと去ることをお勧めします。

 

真面目ないい人との出会いがないので困っています。どうすればいいですか?私が付き合うのはいつもバンドマンです。バンドマンを望んでいるわけではないのにいつもそうなってしまいます。できれば、普通に仕事している結婚を考えることができる人と付き合いたいです。

真面目ないい人、普通に仕事している人…この定義が何なのか?私は答えること・回答することができません。

しかし、バンドマンと付き合うに至るということは、あなたが、バンドマンと付き合うことになる習性・習慣を現在お持ちであるということではないでしょうか?

ライブに行くのが好きだったり、バンドが好きでファッション、見た目もそのようなものであったり・・・など。

バンドマンを否定するつもりはありませんが、バンドマン以外と付き合いたいというのであれば、あなた自身が、「バンドマンと付き合うことになってしまうという属性」を変えてみるとよいと思います。

  • ファッションの系統を変えてみる
  • (バンドマン以外が多く集まるコミュニティ)スポーツクラブ、料理教室、趣味サークルなどに参加してみる

バンド好きそのものを辞めろとまでは言いませんが、自らの属性を変えてみたり、新たな属性を加えてみることで、出会う人の属性も変わってきます。

友達・知人からの紹介という形の出会いはありですか?

婚活・恋活アプリが無い時代ですと、出会いがない場合、とることができる方法が限られていましたので、友達・知人からの紹介での出会いに頼るしかないということもありました。
しかし、それには、色々と面倒なこと、問題点がありますが、友達・知人の紹介独自のデメリットといえばこれに尽きます。

紹介者のメンツを守らないといけないということ。

紹介してもらっての出会いというのは、紹介者の立場というものも意識する必要があります。一度紹介してもらえば、「全然タイプじゃないから!!無理!!」なんていうわけにはいきません。

仮に恋愛対象にならないという場合でも、誠意を持って、紹介者の立場を悪くしないような形で話を収める必要があります。

もちろん、紹介で意気投合して結婚し、添い遂げるということもあります。

ですが、その確率は当然100%ではなく、そうではない場合、紹介者とあなたとの間に何等かの気まずい空気が流れてしまうことは承知しておく必要があるでしょう。

穏やかで愛情を注ぎ続けてくれる男性はいないものでしょうか?

昨今、そういった男性を探しだすのは難しいですね。ほとんどの人(男性)が何等かの心の闇を抱えているものですから…。

一般的に幼少期に親からの愛情を十分に受けて育った子は大人になってからは愛情を過剰に欲することなく、愛情を与える側になれるといいます。

そういう幼少期を送ったかどうかとなれば…傾向としては裕福な家庭で育った人ということになるでしょう。

しかし、裕福であっても、両親とも忙しく放置されていて愛情を多く受けずに育つという場合もありますから一概にこうであると言い切ることはできません。

このような情報を頭に入れた上で男性の言動・雰囲気などを総合的にチェックするのが◎。相手が悪い方へ豹変する姿を想像できるかどうかもチェックポイントです。

芸能人で具体的な例を挙げるなら、「ウィッシュしてるDaigo」、「松岡修造」あたりを思い浮かべてみると良いです。

現在独身のアラサー男性です。今までお互いに第一印象で良いなと思ったことは何度かありますが、付き合うことにまで発展しません。何がいけないのでしょうか?

基本的な流れとしては、数回1対1のデートをし、その後、告白をするという流れですよね。

その数回のデートの間、お互いに時間を忘れて最高に楽しい時間を過ごせた…という場合があります。意気投合するといいますか、相性バッチリといいますか…。

その場合は、自然の流れで付き合う方向へ進んでいきますが、デートの段階で相手が「アレっ!?」というような風になると付き合うには至らない場合も。

純粋に、フィーリング、相性である場合もあります。その際はきれいさっぱり諦めてマッチングアプリで次へ行くのが生産的です。

アタックを繰り返せば繰り返すほどに、相性ピッタリの女性に巡り合う可能性は高くなっていきますので。

他にも、口臭・体臭・会話の内容等基本的なところは一度振り返っておくべきかもしれません。

25歳会社員女性です。経済的にも一人前になりつつあり、自分自身今が売り時だと思うのですが、出会いがないです。恋に落ちそうになるシチュエーションも考えられないです。どうしたらよいでしょうか?
私は男性ですが、何となく気持ちはわかります。女性の場合はそういう意識が男性以上に強いのかもしれないですね。

あなたはおそらく、ルックスの良さ、仕事の充実、精神の充実ともに今が一番いい頃であると思っているのでしょうね。でも、仕事が充実しているということは反面、暇がない、出会いがないという事態にも陥りやすいです。

恋愛に依存せずともやっていけるため、自らの深層心理としても、そこまで恋愛を欲していないということも恋愛に発展する出会いを妨げている、スルーさせてしまっている要因としてあります。

通勤の時間、就寝前の時間などを細切れの時間を利用して婚活・恋活アプリを始めてみてはいかがでしょうか?

婚活・恋活アプリ内のコミュニティで仕事に行き詰ったり、悩んだ時に、気持ちを吐き出してみては…

そんなやり取りの中での出会いは、貴女へ対する理解ある人との出会いでしょうから、重荷、負担になることなく、自然なやり取りができると思います。

また、人は弱っているときに優しくされると弱いものです。

自らが、誰かに恋に落ちる自信がないのであれば、あえて、弱っているときに優しくされると弱いという特性を活かし、また、そういう状況を逃さないようにするのもありです。

婚活・恋活アプリで優しくしてくれる男性は、皆独身で彼女募集中ですから、「結婚しているのかしら??」などの余計な心配も無用です。

その流れで、付き合うに至る場合、自分自身自然体で相手と向き合うことができると思います。

今あげましたのは一例ですが、「今が売り時だけど、出会いがない」からと言って、焦って無駄に頑張るのは得策ではないです。

今の生活スタイルを大事にしつつ、その延長線上でおまけ程度にできる婚活・恋活がおすすめであり、それが婚活・恋活アプリであるといえます。

結婚したいけどそもそも彼氏が出来ない、彼女が出来ないということに関するQ&A

  • 一度も彼氏ができたことがない
  • このまま一生彼氏できないかも…

という人も参考になると思いますので是非期待して読んでみてください。

彼氏が出来ないです(><)どうして彼氏ができないのでしょう?彼氏が出来ない原因は何ですか?

人により原因は様々です。わかりやすい要素としてルックスを挙げてみますが、ルックスの良しあしに関係なく、彼氏がいる人にはいるという現実に異論を唱える人はいないでしょう。

ではどういう要素が・・・となります。まず考えられるのは

(恋愛に発展する可能性のある)出会いがない、少ない

心当たりのある人は、婚活・恋活アプリを始めてみるのが気軽で良いと思います。

性格や見た目で今いるリアル環境では注目されることがない、恋愛に発展する出会いがないとしても、婚活・恋活アプリであれば、状況は違ってきます。

人からの注目・評価というのは相対的なものです。

ですから、たくさんの恋人を求めている人が集まる婚活・恋活アプリの中では、あなたが人気になることも当然あります。

口下手、照れ屋などで、リアルでは地味な人でも、婚活・恋活アプリの中では割り切って自分を表現することができます。

また、利用者は、恋人を求めているということが前提です。

恋愛に発展する可能性のある出会いを増やすことができますし、あなた自身も恋人を作るための振る舞いをすることができます。

自分がどういう風なキャラなのか見直してみる

綺麗だといわれることがあるのに彼氏が出来ない、ルックスはそれほど悪いとは思わないけど彼氏が出来ない…

そういう場合は、まず自分のキャラを改めて振り返ってみる必要があります。

自分自身がそういうつもりがなくても、周りから見ると、冷ややかな印象だったり、話かけても相手にされそうにない印象だったりする場合があります。

もし、心当たりがあるようでしたら、自分から努めて周囲とのコミニュケーションをとることを心がけてみましょう。

真面目すぎる、隙が無い印象・・・というのも時として男性のアプローチしようという意欲を減少させます。

真面目なことは悪いことではありませんが、時に、お茶目な側面を自然に見せるようにすると、周りも絡みやすくなり、アプローチが増えることにつながります。

性格は変える必要はなくても行動・態度は見直す必要あり

彼氏が欲しいからといって、色々な占いや診断に影響されて、性格まで変えなきゃ…とする必要はありません。

その後のお付き合いから結婚生活まで窮屈なものになってしまいますから。

ですが、行動・態度については、男性から好感をもたれやすいそれに改める工夫はした方が、彼氏が出来る可能性が高くなるのは事実です。

長年の付き合いであるとか、旧知の仲から恋人に発展するというケースは例外的なので今回除外しますが、彼氏が出来ないと悩んでいる人が彼氏を作ろうとする場合、多くは、新たな彼女募集中の人と出会うことから始まります。

新たな出会いから、数回(多くても10回ということは稀)会うこと、デートを重ねたのちに付き合うことになるのが一般的な流れ。

恋人に発展するまでに顔を合わす機会はそんなに多くないのです。

その多くない機会に明らかにドン引きされるような行動や態度を慎むことができれば、彼氏が出来る可能性は飛躍的に高くなります。

以下にいくつかの明らかにNGな行動・態度を挙げておきます。

食事の際、相手が奢るのが当たり前であるという態度をとる
形だけでもお金を出すリアクションをした方が良いです。

結局払わないのだから無駄だと思う人もいるかもしれませんがそれをしないと傲慢で高飛車な女性であるという印象を持たれてしまいます。

食事のとりわけや、食事の際におしぼりや皿、箸などを渡したりしない
どちらがしても大した手間ではないと思われる方もいるかもしれませんが、こういった時の行動で、男性は、付き合った後、そして結婚後の生活まで妄想します。

気遣いのできる人が良いというのは全男性共通の要素です。

メール・ラインでの心配り
相手が仕事で忙しいなどのことも配慮したやり取りを心がけましょう。

自分のストレス解消や愚痴に付き合わせるのが中心のやり取りだと、ジワジワと相手の気持ちが離れていく可能性があります。

相手との距離感を大事に
出会って間もない段階で呼び捨てにしたり、名前で読んだりするのはほとんどの男性がよい印象を持ちません。

親しみを込めて相手を何等かの呼び方で呼ぶ場合は、相手の距離感や段階をしっかりと見定めるようにしましょう。

距離感と段階次第で、お互いの距離をぐっと近づけることにも遠ざけることにもなります。

ただ、いつまでも、苗字に「さん付け」のままだと不満を覚えられてしまうこともあります。

中々呼び方を変えることができない場合は、自分から「これからは○○って呼んでもいい?」

と敢えて許可を仰ぐことをお勧めします。

これだと、呼び方の切り替えをしやすいですし、「慎まやかでかわいらしいところがあるのだな」と良い印象しか相手に与えません。

付き合う前に性交渉をしない
付き合う前に性交渉はしない方が良いです。

性交渉を軽々しくすること自体、色々な面で良くないのは一般論としてありますが、彼氏が出来る出来ないにも大きく影響があります。

男性は、性交渉を行えたということで満足してしまう傾向があります。

恋愛には駆け引きも重要。

あなたの魅力の全てを付き合う前から相手に見せてしまうのは恋愛の駆け引きからすると、重要なカードを早々にきってしまうようなものです…。

女性の側は、性交渉をすることで親密さが増したり、情が出てより相手のことを好きになってしまう人が多いようですが、男性を虜にするためには、性交渉は恋人になった後まで取っておくほうが賢明です。

これらに留意しつつ、婚活・恋活アプリで出会いの機会を増やすように努めればいずれ彼氏が出来ることでしょう。

これらのポイントは、街コン、お見合い、婚活パーティーに参加して彼氏探しをする場合でも当然重要な抑えておきたい要素です。

異性と何を話したらいいかわかりません。盛り上がりません。意気投合するにはどうしたらいいでしょうか?

何を話したらいいかわからない場合、聞き役に徹する・相手が喜びそうなことを質問するという方法が最も確実です。

ある程度打ち解けている男女の場合は、無言な時間が自然だったりしますが、初対面、初デート、あるいは、婚活パーティーなどでの初顔合わせの時に無言となると辛いですからね。

一つ、覚えておいてほしいのは「相手が友好的・好意的であるかどうかが及ぼす影響が大きい」ということ。

合コン・コンパ、婚活・恋活パーティーの場では、相手も恋人候補を求めて来ていますの、見た目・ルックスが好みでない場合に、はなから会話を盛り上げようという気がない場合があるということです。

見た目・ルックスに関しては好みというものがありますので、そういう場合にいちいち落ち込む必要はありません。

今の条件は例外的な話として、初対面の相手が、「ニュートラル~好意的」であり、且つ、話が盛り上がらない、空気が気まずいなというときは、「とにかく聞き側になること」を心掛けてみます。

いくつか(相手が喜びそうな)質問をすればそのうちのいくつかが当たりで、相手が饒舌に楽しそうに話してくれることになります。それを興味深く聞くだけであなたの評価はアップします。

また、その話題から連想ゲームのように話が飛んで…また飛んでとすることで、盛り上がっているという状態、意気投合している状態にもっていくことが出来ます。

趣味サークルなどで知り合った異性の場合は、共通の趣味の話題やそのサークル内の仲間の話で自然と盛り上がるということもありますが、それ以外の出会いではそういったことは期待しにくいです。

気まずい空気なったら聞き側になること!

これを忘れないようにすれば、異性と何を話したらいいかわからないということはなくなります。

彼氏が欲しいです!!どうして彼氏ができないのか?彼氏ができるお勧めの占いはありますか?

占いですか…(汗)事実を述べますと、占いというのは科学的根拠があるわけではありません。科学が全てで全能であるという気はさらさらありませんけど。

運気、めぐり合わせというのは非科学的なものですが、私にも思い当たることが全くないわけではありません。ですから、参考程度に占いを利用されるのは良いと思います。

ただ、女性は、占いに傾倒し過ぎる人が多いです。

男性の側からすると、占いに傾倒し過ぎる心理を理解できない場合が多く、占いで彼氏を作るどころか、占いに傾倒し過ぎているあなたにドン引きしてしまって距離を置かれてしまうということもあります。

人は理解できないもの(人)には恐怖を覚えます。占いがあなたにとって素晴らしいものであったとしても男性に対し、それを全面的に押し出していくのは得策ではありませんし、もしかしたら、過去にもそれが原因で男性が去っていったこともあったかもしれませんよ。

彼氏を作るのって自分からじゃ無理じゃないですか?女性からアプローチなんて普通じゃないでしょ?待ちしか方法なくないですか?

逆ナンする女性、ガンガン誘ってくる女性に引いてしまう男性は確かに一定数います。言葉にするとガンガンとなりますが、例えば、「恥ずかしそうに食事に誘う」くらいならどうですか?

本心はガンガン行っているのだとしても、恥ずかしそうなそぶりを見せていればそのようには相手には映りません。

ただし、だれかれ構わず誘っているとその数からガンガン行っているという風に捉えられてしまいます。ですから、職場や趣味サークルなど、大事にしたい場では、食事に誘う頻度に気を配る必要があります。

女性がとることが出来るのは”待ち択一”ということはないのです。

幸せな結婚をするために…結婚したい女性の心得Q&A

結婚したい人にも色々なタイプがあると思うのですが…

おっしゃる通りだと思います。結婚したいと思っている人は大きく3種類のタイプに分類することができます。タイプにより、お勧めの婚活・恋活サービスというのは違ってきますので見ていきましょう。

奥手な方

結婚はしたいけど、奥手でどうしていいかわからない…という人。こういうタイプの方には、結婚相談所サービスがお勧めです。利用者全員が結婚したいと思っている人ですし、担当者がいますので、奥手な人に合わせてサポートし、結婚まで持っていく手助けをしてくれます。

逆に言いますと、奥手の方の場合は、婚活パーティー、恋活パーティー等は、奥手であるがゆえに、結局付き合うまで、結婚まで到達しないということになることが多いですね。

積極的な方

出会いに積極的で、コミニュケーションにも自信があるという方は、婚活パーティー、恋活パーティーがお勧めであるといえます。多くの出会いを楽しみながら、最良のパートナーに出会えればいうことありませんよね。

忙しくて時間がない人

仕事が忙しくて時間がないという人は、婚活・恋活パーティーに参加することすらままならないかもしれません。そういった方には婚活・恋活アプリがお勧めです。スマホをいじくる時間が捻出できるのならば、忙しい人でも婚活・恋活ができてしまいます。

結婚する気がない人(結婚願望がない人)を判断する方法やコツを教えてください。

結婚は人生の墓場…という言葉もあります。その真意はここでは書きませんが、結婚相手を決めるということは、少なくともそれなりの覚悟と打算があります。ですから、相手があなたのことを本気で好きかどうかよりも、相手の状況というのを把握することが大切です。

相手が、自分自身のことを今が売り時と思っているかどうか?

正しいかどうかは別として「俺はまだまだ素敵になれる!」「俺はまだまだ上にいける!」といった風に思っている男性は今すぐ結婚相手を決めようという気がない可能性が高いです。

仕事のことに関しては、年齢を重ねるごとにキャリアアップ、レベルアップしていく可能性もありますが、恋愛面での容姿ということで言えば、その人が考える全盛期というのが存在します。

  • 「髪の毛がふさふさな今が自分の全盛期だな…」
  • 「ここからはお腹が出てくる一方だな…」
  • 「仮に今の彼女と別れたとしても、今後、今以上の子と自分が恋愛関係になるのは難しいかもしれないな…」

といった具合のことを男性誰しも考えます。そのあたりのニュアンスを読み取ることで、相手に結婚願望があるのかないのかを見極める判断材料にすることができます。

相手の人生設計の状況を把握する

相手が、自分が生涯やっていく仕事を見つけている状態ではなく、ばたばたしている時期だったら、中々結婚という決断をすることができないかもしれません。

また、ある程度の収入が現状あったとしても、彼自身、その仕事を嫌だと思っている場合も、頭の中に転職等々今後ばたばたすることを想定しているならば、結婚を考えることが難しいかもしれません。

その他、相手の外的要因を見極める

  • 彼の両親が結婚するのは早かったのかどうか?
  • 彼の両親は彼がうらやむような理想の夫婦なのかどうか?
  • 彼の友人たち、彼の兄弟の多くは結婚しているのかどうか?

これらを踏まえたうえで、彼は結婚を現在、どういう風に位置付けているのかを見極めると、相手の結婚願望を知るヒントになります。

結婚、そして結婚した未来が彼にとって身近で手に届く、うらやましい未来なのか?あるいはそうではないのか?そのニュアンスを把握しておくとよいということです。

結婚するために女性側の私自身が変えなきゃいけないことを教えてください。

決断と妥協

結婚するというのは、あなた自身が決断する必要があります。

たった一度の人生ですから、「結婚に失敗したくない!」、「最高のパートナーと結婚したい!」と思うのは当然のこと。

でも、そういうことを言っているといつまでたっても結婚することができません。

結婚するためには、ある程度の妥協と勢いが必要になってきます。

もし、結婚を考えることができるパートナーが現れたら、客観的に、その人で折り合いをつけていいかを自問自答し、よくない面も多少あれど、総合的に見てOkということであれば、後は思い切って決断するしかありません。

決断なしには結婚はありえないです。

今のつらさを解消させてはいけない

独り身がつらいからと言って、それを解消させると、より結婚から遠ざかってしまうことになってしまいます。

例えば、独り身のさみしさを紛らわすために、犬、猫などペットを飼う…。

あるいは、独身を決め込んでいる独り身のさみしさの傷を舐め合える仲間とつるむ…

目的通りに、さみしさを紛らわすことができたならば、結婚しなくてもいいか…となってしまいます。

そういった独り身のあなたが居心地の良い環境にどっぷりつかりすぎると結婚というもの自体が遠ざかってしまいます。

この人と結婚したいと男性に思わせるためにはどのようなことに心がける必要が女性側にはありますか?

ただただ派手できらびやかなだけでは、相手に結婚を意識させることはできません。男性に結婚を意識させ、この人となら結婚しても大丈夫と思わせるためには、地に足がついている、地味でも家庭的な一面をさりげなく見せていく必要があります。

ほとんどの男性が、仕事に一生懸命であると思います。

結婚後の生活のことを考えると「かまってかまってという女性よりは、自分をサポートしてくれるスタンスの女性の結婚するには現実的」という結論を導き出します。

そういったことを踏まえて、どういったことをさりげなくアピールしていくべきなのか見ていきましょう。

子供好きをアピール

結婚後の子育てなどを考えたときに、子供が嫌い…という女性は結婚相手としてはどうなのかなぁ・・・と思ってしまいます。子供好きということを様々なシチュエーションで見せることは有効です。

料理が得意をアピール

あなたが作る料理は、男性側からすれば結婚後に毎日食べることになるかもしれない食事を意味します。「胃袋をつかんで離さない」という言葉がありますが、飯がまずければ家から足が遠のいてしまいますし、男性のイライラも年々増加してしまうでしょう。

結婚生活の良さを妄想させる

独り身だと、帰宅時に部屋が真っ暗でさみしいという思いを誰もが経験します。

相手に負担の無い範囲で、許可を得た上で、彼の家でおいしい料理を作って帰りを待っていてあげるというのは有効です。

彼に、結婚するとこんな感じなのかぁ…いいなぁ…と思わせることができればプロポーズされるのに近づけたといえるでしょう。

注意したいのは、料理で彼に満足してもらうこと。

料理が彼の口に合わなければ、あなたとの結婚生活の良さをアピールすることにはつながりません。

付き合っているときは、彼氏が無理して美味しくないのにおいしいと言っている場合もあります。

そこはあなたの好みに合わせるから正直に言ってみて…などと器量の大きさと頑張るあなたをアピールできます。

また、そこできっちりと彼の嗜好に合う料理を把握し、今後に活かせば、きっちりとアピールすることになります。

ただ、煮物やサラダなど、栄養バランスなどもできるアピールをすることも忘れてはいけません。

自分よりあなた…をアピール

お付き合いの親密度にもよりますが、自分のことよりもあなたのことが好き…というのを行動で示すのは有効な手段だといえます。

  • 彼の転勤の際に、本来なら遠距離恋愛になってしまうが、仕事を辞めて彼についていく
  • 料理が苦手なことで喧嘩をしてしまったから、それを改善しようと料理教室に通い始めた

などあなたのために私が変わる、私が合わせるという姿勢をアピールし続けることができると彼に結婚を意識させることになります。

相手に責任とらなきゃなと思わせることができれば御の字です。

普通に甲斐性のある男性であれば、そのような健気な姿に心を動かされないことはありません。

聞き上手になる

仕事をしているといいことばかりではないでしょう。

イライラすることがあったり、愚痴を聞いてほしかったり・・・男性にもそういったことがあります。

そんなときに、あなたが、仕事の悩みを和らげてくれる存在であるならば、長い人生でのパートナーとしてあなたを意識させることができます。

男性は、カッコつけていたり強がっていても、人に見られていないところで甘えたいという気持ちを持っています。

あなたが彼にとって唯一無二の存在であることをアピールできれば結婚にかなり近づけたといえるでしょう。

相手が風邪をひいた時を逃すな!!

普段は特に独り身のさみしさを感じない人でも、風邪を引いた時には、さみしさを感じるもの。

彼氏が風邪を引いたときは、徹底的にサポートしてあげましょう。

消化にいいうどん、おかゆを作ってあげて、欲しいものを買い物に行ってあげて…そばにいてあげて…子供の頃にお母さんからしてもらっていたであろうことをしてあげて、あなたの母性をアピールしましょう。

風邪をひいたときに安心感を与えることは結婚を意識させる協力な武器になります。

まともな金銭感覚をアピール

結婚相手ということを考えると男性の立場からすれば金遣いの荒い女性は厳しいなと思われてしまいます。

あなたがまともな金銭感覚を持っていて、結婚後も家計を任せられる…

という風に相手に思わせることができれば彼にとって結婚がより現実的なものになってきます。

結婚したいのに相手がいないです。結婚相手を見つける方法は?

結婚したいのに相手がいない。結婚相手が見つからないんですけど…という人はどうしたらいいのか?

相手がいないというのは出会いの機会が少なかったり、あるいは出会いの機会はあるけど、そこからどのように進展、発展させていったらいいかわからないということだと思います。

特に女性の場合は、自分からアプローチをしにくいですから尚更かもしれません。

普段の生活で気になっている人に声をかけるということがができないという人は普通にたくさんいます。

そういう人は、結婚したいという人が集まっていて、結婚したい、出会いたいというのが前提の場に顔を出すことをお勧めします。

結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティー、婚活アプリ・恋活アプリなどを利用するのが最も簡単な解決方法だといえます。

これらのサービスでしたら、結婚相手、恋人を探すことが前提の出会いですから、変に緊張することなく、出会うことができます。

また、結婚相談所、婚活サイトならば、ただの恋人を通り越して、実際に結婚を想定した場合の理想の相手というのも条件を絞り込んで出会うことができますよ。

結婚したいのに結婚できないのですが…どうすればよいでしょうか?

結婚したくてもできない人はどうしたらいいのか?今お付き合いしている人がいるいないで状況は異なりますが…

現在お付き合いしている人がいて、結婚したいのに結婚できないという場合は、その相手と結婚できるのかどうかをしっかりと見極める必要があるかもしれません。

その上でその相手とは結婚は難しいという結論に至るのであればばっさりと決断、行動をするべきかもしれません。

結婚したいということを最優先に考えるならば。

今お付き合いしている人がいない場合は積極的に出会うための行動をする必要があります。

手っ取り早いのは、婚活パーティーに参加してみることですね。他にも婚活アプリ、恋活アプリもあります。

それよりもさらにハイレベルで急を要するというならば結婚相談所や婚活サイトです。

あなたの望む条件で絞り込むことができますので、(自分の条件に合わない人は排除した状態で)より現実的で理想の結婚相手に出会うことができます。

1年以内に結婚したいです。1年以内に結婚する方法は?

1年で、年内に、今年中に結婚したいとなるとできることは限られてきますし、場合によっては非常な決断をしなければならない場合もあります。

仮に今お付き合いしている彼氏がいる場合ですと、その彼と1年で結婚にまで持っていけるかどうかを冷静にかつ客観的に見極める必要があります。

彼氏のことを好きかどうかは別にして1年で結婚したいかどうかを優先させるのであれば、彼氏を諦めるというのも一つの選択肢となります。

今の彼氏と別れる、あるいは、今彼氏がいないという方でしたら、結婚相談所、婚活サイトを利用されるのがベストなチョイスです。

婚活パーティー、婚活アプリなどのサービスもありますが、一年という期間を考えますと、あなたの望む条件の男性を絞り込んだうえで、さらに、相手側も結婚を考えている方である必要があります。

そういったことをすべてクリアした出会いを短期間で求めるならば、婚活パーティー、婚活アプリは適切であるとはいえず、最初から、婚活サイト、結婚相談所といったサービスを利用するべきでしょう。

その他結婚に関するQ&A

結婚したいという気持ちはあるのですが、結婚することにメリットを感じることが出来ずにいます。理論的にメリットを伝えてもらえると嬉しいのですが…

理論的にと言われると難しいですね。でも、理論的なメリットはありますよ。長いスパンで人生を捉えるとね。

アナタは今、結婚することで独身でなくなってしまい、それにより失ってしまうことにばかり焦点を当ててしまっているのではないでしょうか?

若いうちは、独身の良さが目立っているものです。年齢を重ねていくと、独身であることに寂しさを感じる人が多くなります。

結婚して子どもがいれば、そのような寂しさは大幅に軽減…いや、軽減どころの話ではありません。むしろ皆無と言ってもよいです。

結婚して子どもを育てて…というお決まりの流れに全く魅力を感じません。

私もそうでした。経済力もそれほどなく、子どもを育てるなんて考えられませんでした。

今は3人の子のパパです。最初は、あらゆることにおいて自らの自由が制限されますので、色々と思うところはありました。

しかし、今は、子どものいない生活は考えられません。これには本能的なものを感じずにはいられません。種の保存本能とでもいいましょうか…自分の遺伝子を次世代に残すことが出来たという喜びを感じるのです。

子どもが生まれるまでは全く感じたことはありませんでしたが。

月並みではありますけど、子どもの笑顔には癒されますし、子どもの純粋な本音にはハッとさせられて勉強になることなどもあり、純粋にメリットも多々感じています。

女性です。30歳になってしまいました。婚活市場ではかなりシビアになった…商品価値が下がってしまったと思います。なんとなく婚活するのが憂鬱なのですが…
今ぐらいでシビアなんて…全然問題ありませんよ。

そんなことを言っているのは非常に勿体ないです。特に女性の場合、出産に関してはタイムリミットが男性より格段に速いです。

10年後を想像してみてください。39歳から40歳になった時の方が今以上に婚活が難しくなっているのはいうまでもありません。

30歳になったことで20代の女性に対し劣等感を感じてしまうなどあるかもしれません。

しかし、それだけです。具体的に辛いことなど何もありません。まだまだバリバリ婚活できる年齢です。

ただし、時間には限りがあるということ…ぐだぐだしているとあっという間に時間は過ぎてしまうということを覚えておきましょう。

今を大切に積極的に婚活を継続されることをお勧めします。婚活に近道はないと考えておくのが無難。回数の数だけ結婚のチャンスが生まれるのですから。

人はマイナスに物事を捉えがち、25歳でおばさんになったと思った経験はありませんか?でも今のアナタからすれば若いですよね。

これは35歳でも、45歳でも、55歳でも同じなのです。後から振り返ってみれば過去の自分は若いのです。私は今若い。今が最高と思うことが大事です。

結婚したいと思っていますが、結婚とは目標にすべきことなのでしょうか?どう頑張っていいのかわかりません。

大学受験などのように計画的に目標を立てて頑張るという類のものではないかもしれません。ご縁などという言葉もありますしね。でも、

  • 異性に好かれる傾向・嫌われない傾向
  • 異性に望まれがちな条件(中でも努力で何とかなる条件)

などは、抑えておくことで結婚の可能性を高めることが出来ます。具体的には、清潔感・ファッション・お金など様々あります。

後は、機会・数ですね。

異性に好かれるように自らを高めつつ、同時進行で機会・数も増やすようにしていれば、恋人が出来る可能性は高まります。恋人が出来れば、結婚の可能性を掴んだことになります。

人によっては結婚するというのは雲をつかむようなことかもしれませんが、ただただご縁で片づけてしまえるものではありません。努力する余地はあります。

婚活アプリで知り合い、付き合い出して半年になります。そろそろ結婚も…という気持ちもありますが、迷いもあります。どうしたらいいのでしょうか?

これは私の主観が色濃く出すぎているアドバイスかもしれませんが、結婚相手なんてそれほど重要ではないように思います。

一昔前の人は、お見合いで初めて会った人と半ば強制的に結婚させられたりしつつも、生涯添い遂げた夫婦もたくさんいますし。

そういった方々は、「出会った時が始まり。そこから点数を加算していくのが結婚生活。」といった旨の言葉を残されている人が多いです。

恋愛結婚の場合は、仕組み上仕方のないことかもしれませんが、どうしても、結婚生活がマイナス方式になってしまいます。

タイミングというのも重要です。アナタが高く売れる時期に、出会えた人…今後、同じくらい素敵な人と巡り合えるか?そんな人と両想いになれるか?

そう考えると、迷う理由などないように私は感じるのです。

ただし、DVであるとか、酒癖であるとか、ギャンブル癖であるとか、仕事のことであるとか最低限、生活していくにあたり問題になるようなことがないかどうかはチェックしておいた方が良いでしょう。

出会って半年(6か月・1年の半分…)…いいじゃないですか!私ならスパッと結婚しちゃいますね!(←私なら…ですよ)

婚活でキープを作るのはアリですか?なしですか?合理的に婚活していい結婚相手と巡り合うためには必須の手段だと思うのですが…。

エチケットと言いますか、自分がされたら嫌だからという観点で見れば、キープは、NGですかね…。

付き合い出してからのキープは明らかにNGだと私は思います。

でも、誰とも付き合っていない状態でしたら、複数の男性とラインでつながっているというのはアリだとは思います。

キープしておくのが合理的なのは物理的には言うまでもなくその通りなのですが、相手がどう思うか?そしてその行為が及ぼす後々のリスク・悪影響まで考えると、必ずしも合理的とは言えないように思います。

  • キープしているのがバレて大好きな彼を激怒させてしまい別れることに…
  • キープする女だとの評判が広まり、辛い思いをすることに…
  • 彼と過ごしている時に行動に怪しさが出てしまう。

など。人間同士の話なので、何でも合理的では済まないということですね。

付き合い出してからのキープはリスク回避を考えると避けるべき行為です。これは、人としてどうなのか?という話かもしれませんが。

結婚前にパートナーに確認しておいた方が良いことはありますか?

価値観の違いでの離婚というのは良く耳にされていると思います。

お互い、フィーリングで結婚を決断して…その時ラブラブなのは当たり前。結婚生活を続けていれば

  • お互い歳をとります。
  • 子どもが生まれ、子育てをすることも。
  • 親が年々衰えていきます。

時間と共に変化する状況の変化に対し、パートナーがどのような考え方をしているか(価値観)を確認しておいた方が良いでしょう。

  • 共働きについてはどう思うか?
  • 親への気配り・心遣いはどうか?
  • 塾、お受験など子供の教育についての考え方は?

これら結婚生活というレールの上に存在する事象に対する考え方・価値観が違いすぎると、決定的な溝になりかねません。

後悔のないよう、結婚前に出来る限り把握しておくべきです。その結果あまりにも考え方が違うようならば…パートナーを選び直すのも一つのベター手であるといえます。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました