かまってちゃんと別れたい!自然!かまってちゃんと別れる方法・別れ方。

別れは自然に…スマートに… 彼氏の本音ラボ~好きな人の気持ちを知りたいなら~

男女、彼氏彼女問わずかまってちゃんは存在し、そんなかまってちゃんがウザくて別れたいと悩んでいる人は一定数存在します。

今回はそんなかまってちゃんと自然に、別れる方法・別れ方について解説します。

自然!かまってちゃんと別れる方法・別れ方

共通の友達に、色々なところに誘い出してもらう。

共通の友達にバーベキューとかキャンプとか合コンとか街コンとか…ワイワイしていてナチュラルな出会いのある場・彼氏彼女がいても参加してもいいかなっていうぐらいの場に連れて行ってもらうように仕向ける。

そうすると相手には新たな出会いがあり、あなたへの依存度が下がるなど望ましい変化が起きる可能性があります。

うまくいけば、そのままそっちへ流れていって別れるということも…。

別れるまでいかないにしても、別れるという話を切り出しやすいほどにあなたへの依存度を下げることに貢献してくれます。

何かに夢中にさせる

ゲームとか小説とか映画とかアニメとか何かしらにどっぷりはまらせることであなたへの依存度を下げる。

そうすることで別れ話を切り出した際に抵抗少なく受け入れてもらうための土壌を作ることにプラスになります。

別の対象者を紹介する

あなたは特定のかまってちゃんで辛いと思ってはいるかもしれないですが、一人の尊重されるべき人間の一人であることには違いはありません。

そして、どんな人間にもお互いに「合う」と感じる人間がどこかに存在しているのもまた事実。

「アナタは、その人と合わない、だけど、別でそういう人がいる」という事実に基づいて、そのかまってちゃんにどんどん出会いの場、自分以外の人間との交流の場を提供するのも一つの手。

アナタは、かまってちゃんを誰かに押し付けてしまう行為だと、罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、そういう気持ちを抱く必要はありません。

かまってちゃんにとっても、アナタにとっても、そして、新たに出会う人にとっても、建設的な行いですし、何よりも、第三者にとって迷惑な人間だから、紹介できないと考えてしまう行為自体が、かまってちゃんを低く見ていることになっています。

堂々と、さわやかにどんどんと新たな人を紹介していくと良いでしょう。

自分以外に依存できる何かを進める

植物とかペットとか…ペットに関しては命があるものなので軽々しくおすすめするわけには行きませんけれども、何かしらあなた以外に依存できるものを見つけてもらうことができれば、あなたへの依存度を下げることができます。

結果、別れ話への抵抗感が下がることに繋がります。

自然に少しづつ、LINEの返信のスピードを鈍化させていく。

LINEの返信等等の餌頻度とスピードを少しずつ少しずつ遅らせていく。

そうすることであなたへの依存度というのは徐々に徐々に下げていくことが出来ます。

結果、あなたが切り出す別れ話に対して抱く、苦痛・抵抗を徐々に徐々に下げていく形になります。

共通の友人に、悪口を言ってもらう。

少し過激な方法ではありますが、「共通の友人にあなたの悪口を言ってもらう」…あなたのいけない所を友達に相手に言ってもらうようにする。

かまってちゃんがあなたをかばうようであれば、それはそれですごい素敵な人となり、アナタの思いに反して、ものすごく大事にすべき人という可能性も出てきますが、そうではない基本的な場合…

「客観的な目でちょっとこの人と付き合い続けるのはまずいのかな…?」という気持ち、アナタへ対する疑いの気持ちが芽生え、育っていきます。

仲の良い、信頼している友達からやめといた方がいいという風に言われれば、それは聞き入れる必要のある価値のある意見であると捉えます。

頼まれる友人にリスク(陰口・悪口を言う人間だと思われる)がある方法ですし、強引な方法でもありますので全面的にオススメするわけではないが、かまってちゃんとの付き合いに、頭を抱えていてどうにもならないと悩み過ぎている人にとっては知っておくべき方法であると言えます。

毒舌を吐く

あなたがかまってちゃんに対して嫌なことを言う、する、毒舌になるなど、かまってちゃんから嫌われるような言動をするというのも一つの方法になりますよ。

嫌な奴と思わせる。何かがあって人が変わったと思わせるということ。

前までは良い奴・素敵な人だったから付き合っていたけど、こんな人だったら付き合えないわ…となる可能性があります。

あるいは悪い奴になるまでしなくとも、「素の自分で接する」というのも一つの手。

素で接すれば、かまってちゃんにとって、結果的に嫌な奴になったと思われることがあるかもしれません。あるいはそんなことはないかもしれません。

いずれにせよ、アナタが自分のペースで、無理なく、かまってちゃんと付き合うことが出来るようになりますし、それで離れていくならそれでいいし、離れていかないならそれはそれで別に問題ないとなります。

100年の恋も冷めることをする

特に恋愛関係にあるかまってちゃんに対して有効な方法。

おならとかゲップとかムダ毛、鼻毛とかそういう百年の恋も冷めると言われるようなことを敢えてしてみる

あなた自身がそれをすることに強い抵抗を覚えるかもしれませんし、かまってちゃんが友達にそのことを広めるリスクもありますので、全面的にオススメはできませんが、
その分、かまってちゃんがゲンナリしてくれ、離れていってくれる方法と言えます。

自分を下げ、相手を上げる形で別れ話を展開する

かまってちゃんに限った話ではないかもしれませんが、特にかまってちゃんは持ち上げられたら不機嫌になりにくい傾向が強いです。それはかまってちゃん自身が他者ではなく、自分に目が向いている比重が高めの為です。

アナタを好きというよりも、私の承認欲求が満たされるからあなたと居たいという傾向があるということ。要は、承認欲求が満たされるなら、相手はあなたでなくても良いというケースもあるということ。

自分はあなたほどの素敵な人には見合わない・釣り合わないというような言い方をすれば…かまってちゃんは基本的に自己顕示欲が高くかまってほしい人間なのであなたへの依存度以上に自分自身の自尊心が満たされる場合があります。

「そうか…私にはもっと価値があるのか…では更にステップアップしてみようかな?」という思考にかまってちゃんが至ってくれたらしめたもの。

かまってちゃんを持ち上げることで別れということ自体への苦痛が大幅に軽減される傾向にあります。

それっぽい理由を付けて離れる

  • 転職するから別れる。
  • 仕事に本腰を入れるから別れるしかない。
  • 引越すから別れる。
  • 夢を目指すから別れる。

など。

理由はよくわからないけど、それっぽい…

  • なんだかそうしなきゃいけない気がする
  • それが当然な気がする

という雰囲気を作り出すため、さも当然のように、当たり前のように勢いを伴い語ることが重要。

何かのタイミングで、

  • だからそうしなきゃいけないよね…
  • でも、そうまでする必要ないのでは?

といったことを考え出すとキリがないのですが、冷静に考える隙を与えず、こちらが主導権を握ったまま、スパッと別れを切り出す。

なんとなく、流れで、「なら仕方ないよね…」となれば、自然にかまってちゃんと別れることができます。

 

わいるどセミ
わいるどセミ

かまってちゃんと別れるには、相手のあなたへの依存度を取り除いていく・低くしていくことが重要になってきます。

そして相手を持ち上げてというところでもあったように、あなたのことを好きという以上に「私を満たしてくれるあなたが必要」

というニュアンスがかまってちゃんの場合、特に強い傾向にありますので、その要素を意識し、かまってちゃんがあなたを不要と思うような方向に持っていくと結果的に別れやすくなります。

 

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました